« 樹木お届け日の御在宅状況を必ず確認しています | トップページ | 晴れ間に出荷ナンテン!落葉樹も移植シーズンです! »

2017年10月19日 (木)

庭木の葉の裏のチェックを!虫を駆除しましょう。

様々な虫が居て、木を植えるのは嫌...という方もいらっしゃるかと思いますが、農園の者も、虫は苦手です。(私もです💦)

ミツバチならば可愛いですが、足長などの蜂に一度刺されたスタッフは要注意で作業しています。

ですが、虫も居るのは当然。駆除したり、たいして害の無いものは様子を見たりして、庭木の管理も慣れていきます。

毒があるものは注意してくださいね。刺されたら痛いです...
例えば、チャドクガやイラガ類の幼虫。
種類は分からない場合、毛虫などの虫はすべて直接触れないように、箸など使用して捕殺、または薬剤散布します。



今は、様々な幼虫が葉を食べている時期です。

先日ご相談受けたのは、イラガの幼虫。春に飛来し産卵、6~9月の幼虫が危険で、秋に繭になります。

イラガの幼虫は葉を食べ、あっと言う間に食べつくされてしまいますが、お客様は早期発見のため、写真のように葉はまだほぼ無事で、今、駆除されています。

171019jt

飛来してくるため、防げないのですが、春に葉の裏をチェックし卵の段階で取り除くのが一番です。
特に、若い木、新芽は虫も大好物。
根付いていない木、若い木、苗木は気を付けてチェックしてください。


ちなみに、私の自宅のレモンの木は、柑橘系に多いアゲハの幼虫が居て、ある程度は駆除しますが、アゲハだしなぁ、と思うと木が枯れない程度に1、2匹残してあげようかな、と様子をみています。
たは、やはり増えても困るので、夏にアゲハが卵を産み付けた段階から、卵をできるだけ取り除くこともしています。

気を付けながら、自然と付き合うのも、生き物として当たり前と思って、草木や虫と共に生きていきたいですね。


□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

|

« 樹木お届け日の御在宅状況を必ず確認しています | トップページ | 晴れ間に出荷ナンテン!落葉樹も移植シーズンです! »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭木の葉の裏のチェックを!虫を駆除しましょう。:

« 樹木お届け日の御在宅状況を必ず確認しています | トップページ | 晴れ間に出荷ナンテン!落葉樹も移植シーズンです! »