« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

シンボルツリーにお勧め:カツラ

落葉樹の移植シーズンです!

出荷も続々。ありがとうございます!

人気のカツラはすっかり落葉していますが、樹形の綺麗さが良くわかります(o^-^o)

カツラ

171031j1


根を切ったものは落葉しますが、根付いている落葉樹は実がついていたり、紅葉がはじまっていたり。

農園のハナミズキも綺麗な実がついています。
みなさまのお庭の落葉樹はいかがでしょうかヽ(´▽`)/

171031j2




□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。
ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

お勧めシンボルツリーのアズキナシと美しい紅葉のニシキギ

落葉樹の移植シーズンがはじまってます!

落葉樹はお花が綺麗だったり、四季が感じられることで庭木に欠かせないもの。

ここ数年、ネットショップに掲載する前に、農園で直接業者様に卸しておりました人気樹種を通販サイトに載せました!

アズキナシ

171030j1

アズキナシは半日陰地を好みますが、暑さ、寒さにも比較的強い頑健な樹種です。
探していたけれど、無かった!...というお問い合わせを多くいただいておりました。
シンボルツリーにお勧めです。
この機会にぜひ!

高木落葉樹を植えるスペースは無いけれど、四季を感じるお庭にしたい...
美しい紅葉をお庭で眺めたい...
という方にお勧めは、ニシキギの矮性種である、ルディーハッグ。

ニシキギ:ルディーハッグ

171030j2


錦木という名にふさわしい、とても綺麗な紅葉ですよね!
小さいポット栽培の苗でも、はっとするほど鮮やかな紅葉で、華やかです!

□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

晴れ間に出荷ナンテン!落葉樹も移植シーズンです!

ここのところの悪天候で出荷日程に制限がでています。
お客様みなさま、快く、日程変更や先延ばしをしてくださって、大変助かります。
ありがとうございます!

台風対策で風向きによって、ハウスの窓を開ける方向が変わるため、一晩中起きていて、風向きを確認し、変わればハウスに駆け付け対処するスタッフ。
週末、また台風が来そうですね。
お庭の強風対策および、みなさまの身の安全対策をして、怪我などないようお気をつけください。


昨日、今日は、出荷ラッシュ。

代表して少しご紹介。
ナンテン(赤)

171026j1

ナンテンは放っておいても樹形が綺麗で、丈夫で育てやすく、優秀な庭木ですよね!こちらは常緑樹です。

お次はツリバナ

ツリバナは落葉樹で、すっかり落葉しています。植え時です!
落葉していても、樹形の綺麗さがお分かりいただけるかと思います。
落葉樹の移植シーズンがはじまりましたので、出荷時に写真が撮れたものだけになります、また来週もご紹介しますね!

171027j1

ちなみに、50cm内外には、かろうじてまだ実がついています。
可愛いですよね~(o^-^o)
1710272



□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

庭木の葉の裏のチェックを!虫を駆除しましょう。

様々な虫が居て、木を植えるのは嫌...という方もいらっしゃるかと思いますが、農園の者も、虫は苦手です。(私もです💦)

ミツバチならば可愛いですが、足長などの蜂に一度刺されたスタッフは要注意で作業しています。

ですが、虫も居るのは当然。駆除したり、たいして害の無いものは様子を見たりして、庭木の管理も慣れていきます。

毒があるものは注意してくださいね。刺されたら痛いです...
例えば、チャドクガやイラガ類の幼虫。
種類は分からない場合、毛虫などの虫はすべて直接触れないように、箸など使用して捕殺、または薬剤散布します。



今は、様々な幼虫が葉を食べている時期です。

先日ご相談受けたのは、イラガの幼虫。春に飛来し産卵、6~9月の幼虫が危険で、秋に繭になります。

イラガの幼虫は葉を食べ、あっと言う間に食べつくされてしまいますが、お客様は早期発見のため、写真のように葉はまだほぼ無事で、今、駆除されています。

171019jt

飛来してくるため、防げないのですが、春に葉の裏をチェックし卵の段階で取り除くのが一番です。
特に、若い木、新芽は虫も大好物。
根付いていない木、若い木、苗木は気を付けてチェックしてください。


ちなみに、私の自宅のレモンの木は、柑橘系に多いアゲハの幼虫が居て、ある程度は駆除しますが、アゲハだしなぁ、と思うと木が枯れない程度に1、2匹残してあげようかな、と様子をみています。
たは、やはり増えても困るので、夏にアゲハが卵を産み付けた段階から、卵をできるだけ取り除くこともしています。

気を付けながら、自然と付き合うのも、生き物として当たり前と思って、草木や虫と共に生きていきたいですね。


□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

樹木お届け日の御在宅状況を必ず確認しています

樹木屋に樹木のご注文下さいましたお客様!
ご注文ありがとうございます!(o^-^o)

樹木屋では、ご注文頂きましてから、在庫を確認し、在庫の有無とお届け日についてお客様に連絡を差し上げます。

【在庫について】
畑の木の数とサイトは連動しておらず、農園で業者様へ直接販売しますと在庫が無いことがあります。
また、在庫はあっても、まだ根が切れない状態のこともあります。
お待ち頂けるのであれば、良い時期まで取り置きし、急ぎの場合はキャンセル承ります。

【お届け日について】
樹木は生き物です。トラックの中は高温であったり、乾燥します。
乾燥すると、木が傷み、弱ります。

このため、できるだけ少ない日数で配達できるよう、必ず、全てのお客様にお届け日のご都合伺いを差し上げます。
樹木屋のお客様はご新築の方も多く、まだ新居にお住まいではないこともありますので、不在が続きますと、配送会社に保管となり、木に水を与えることが出来ません。
草花、樹木を育てたことがなく、水遣りが必要であることをご存知でない方もいらっしゃいます。
草花や樹木には水が必要です。特に、配送の移動、新しい環境へ移ることで樹木には負担が掛かっています。
そのため、お届け後はすぐに梱包を解いて頂き、状態確認をお願いします。

以上により、ご注文手続き後、当店よりメールもしくは電話で、必ずお客様にご連絡差し上げますので、お手数をおかけしますが、返信をお願い致します。
当店から連絡が無い場合は、メールがエラーになっているなど考えられます。

メール返信が無い場合は必ず、お電話差し上げております。


返信頂けない場合、当店から最初のご連絡を差し上げてから、5日でご注文はキャンセルとさせて頂きます。

ご不明な点等ございましたら、どんなことでも構いませんので、お問い合わせください。

こちらのページにQ&Aとして、注文の流れなど掲載しております!
Q&A よくある質問

宜しくお願い致します。

□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹木の根本から生える「ひこばえ」の処理の仕方

春から夏にかけて、しゅるしゅると地面から生えてきた「ひこばえ」は、どのように管理していますか?

まず、「ひこばえ」とは。
◆木の根元や地中から生えてくる多数の若い枝を指します。

ヒコバエはそのままにしておくと、養分・水分ともにこの若い枝にとられて、主幹の樹勢が弱まり、ヒコバエが生長すると、主幹が枯れます。

下の写真は、コバノズイナ:ヘンリーズガーネットですが、根元から数本、ヒコバエが生えています。生やしたままにすると、真ん中の主幹が枯れます。

171012jt1


171012jt2


そこで、上の写真の矢印で示したヒコバエをどうするかです。

そのままにしておくと、主幹が枯れてしまいます。
主幹を残す場合は、ヒコバエは根元から剪定します。

主幹が古くなり、木を若返らせる場合は、ヒコバエの中で、残すものを決め、ある程度生長させてから、主幹を剪定します。

あまりヒコバエが小さいうちに、主幹を切ってしまいますとアンバランスになったり、ヒコバエが思ったより生長しないこともありますので、ヒコバエを生長させてから、です。

でも、ある程度の生長の目安が分からないですよね...
樹種や皆様のお庭の土、日当たり、環境によります。

ヒコバエがぴょこぴょこ出てくる木は、剪定時期を失敗して、一旦株が小さくなっても、いずれ大きくなることが予想されます。
経験を積むことも庭木と長く付き合い楽しむ、生活の彩かと思います。

そして、「主幹をこれ以上、大きくしたくない」「株を若返らせたい」時は、ヒコバエを生長させましょう。

ただ、主幹に関係なく、ヒコバエを残さなければいけない樹種もあります。
新しい枝にしか、実が生らない、花が咲かないものもあります。

例えば、ラズベリーやブラックベリーは、果実を収穫した枝は、生育が悪くなり、数年で枯れてしまうので、古い枝は冬に剪定し、夏に発生した若い枝やひこばえに更新します。
みなさまのお庭の木の樹木の特性に合わせて、ヒコバエの処理をしてくださいね!

そして、上の写真に挙げた、コバノズイナ:ヘンリーズガーネットはこれから綺麗な紅葉を迎えます。花も楚々として、美しい木です!

171012jt4


171012jt3


ヒコバエをうまく利用し、樹形を整えて楽しんでくださいね!

□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

お客様へお届けの樹木:雌雄寄せ株、実つきのソヨゴ

お客様にお届けした樹木のご紹介です!

先月お届けしたソヨゴです。
先日、アンケートにご返信頂けましたので(有難うございます!)、近日中にアンケートもアップします!

まずは、出荷直前の写真
171005jt1


お客様のお庭へ植えて頂いた写真もくださいました!嬉しいですo(*^▽^*)o
171005jt2

樹木は生き物のため、どうしても、1本、1本、姿が違い、樹形が理想のものをお届けできないことがあります。
今回お届けのソヨゴ、お客様から株の開き(方向)が良くないこと、ご指摘を受けました。

植え込みは業者様だったのですが、生長すると樹形は変わるから、とのことで、確かに、植えた後の日当たり、壁や家屋に近い場所から受ける影響などで変わります。

上の2枚の写真、同じ木ですが、観る方向からも違います。

繁忙期以外の時期であれば、畑内の位置にもよりますが、写真を撮ってお送りすることもできます。ただ、方向によって見え方が違うこと、畑内ですと、他の木々と重なり、樹形がはっきりと確認できないこともありますので、ご了承ください。

樹木屋はソヨゴは雌雄の寄せ株です。ソヨゴは雌株だけでは実がならないのですが、雌雄の寄せ株なので、実がなります!

171005jt3

とてもご好評いただいています!

ソヨゴ(雌雄寄せ株)


常緑樹の年内の移植植え込みは今月中が目安です!

この時期を逃すと、樹種にもよりますが、3月中旬以降までお待ち頂くことになります。
ご了承くださいませm(__)m

□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

たわわに実がついているオリーブ

ご注文、お問い合わせ、多くいただき有難うございます!
少々返信に時間がかかっております。申し訳ございませんm(__)m

今日ご紹介するのは、今、たわわに実がついているオリーブです!

常緑樹の移植は年内は10月中が目安です!

オリーブ(単木)180cm内外

171004jt1


色づいているものもチラホラ。

実のなるものはどれもですが、2本植えることで実が生りやすくなります。

遠目で撮ると、ちょっと実が見えづらいですね。
あまり大きなものは、根も大きく、通販でお届けができないのですが、お届けできるサイズのものをお送りし、新たな土地でしっかり根付いて、お客様のお庭で大きく育ってくれること願っております。

171004jt2


171004jt3

お届けする時は、もう少し若い露地物、または、ポット物です。
季節によって、状態の良いもの、移植に安心なものを選んでお届けします。

例えば、小さな50cmほどの苗でも、複数あれば実がつきますよ!

171004jt4_2




□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »