« 移植には向かない時期:8月夏休みのお知らせ | トップページ | 1本でも、生垣でもおススメ:シルバープリペット »

2017年8月 8日 (火)

不織布の処理方法・台風の前後お庭対策

昨日の深夜前後は愛知県も台風のコースに入り、風雨が酷かったです。

この記事の後半に、台風の前後に行うと良いお庭対策記載いたします。

移植には向かない時期なので、今は秋から何を植えようかな?(o^-^o)と思い巡らす時、と前回記載しました。
ですが、ポット栽培、不織布栽培の樹木であればお届けは可能です。
ただ、移植後の水遣りの管理は難しいので、その点は気を付けてくださいね。

不織布栽培の樹木の不織布の処理の方法
1

こちらも参考にどうぞ!→ 植え方例(土・支柱)写真解説

そして、秋以降に何を植えようかな?と待ちの間、検討して頂きたいことの一つは、ご自身で植えるか、業者様に依頼するか。
以前まとめた記事がありますので、宜しければ参考にしてください。

庭作り...業者にお任せ?自分で植える?利点と欠点

庭作り...業者にお任せ?自分で植える?...何から始めたら良い?

台風の前後対策
風雨が酷くなってから外に出るのは危険です。酷くなる前に安全を確認し、無理せず対処してくださいね。

□台風が来る前の対策□
あまり樹冠が茂り過ぎているものは、台風がきたときに危険ですので、 切り透かせて風通しを適度にしておくといいでしょう。
台風の強風に備えて今一度、支柱の縄を調べておきます。    
特に植えたばかりの木は根がしっかり大地に張っていないため、風の力に耐えかねて倒れてしまうことがあります。
支柱がぐらついていないか、縄はゆるんでいないか確認してください。   

鉢植えは倒れないように場所を移動させるなどしましょう。 
    
□台風通過後の対処□
台風通過後は土を確認してください。
強風で樹木や列植して植えている草花、鉢植えの樹木などあおられ、土と根の間に隙間が出来ている可能性があります。
隙間があると、根が乾燥しますので、隙間を埋めるように、土を押しこみます。    
また、台風の風雨は塩を含んでいます。    
台風が去った後に、樹木にさっと水を掛けて、塩を落としてあげてください。    


出荷を止める時期に合わせ、樹木屋の営業も夏休みに入ります。
土日・祝日は通常から定休ですので、期間としては、

8月11日(金)~8月27日(日)は注文受付・出荷業務・お問い合わせへの返信を休みます
28日以降、順番にご返信差し上げます。

□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

|

« 移植には向かない時期:8月夏休みのお知らせ | トップページ | 1本でも、生垣でもおススメ:シルバープリペット »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183546/71366142

この記事へのトラックバック一覧です: 不織布の処理方法・台風の前後お庭対策:

« 移植には向かない時期:8月夏休みのお知らせ | トップページ | 1本でも、生垣でもおススメ:シルバープリペット »