« 【お願い】メールアドレスのご確認を!(メールがエラーで返ってきます) | トップページ | 出荷樹木紹介:お花が可愛いユスラウメ、幹が美しいシラカバジャクモンティ »

2016年10月 5日 (水)

草花の病害虫って?対策はどうすれば良いの?

草花、樹木を育てたことが無い方にとって、樹木の病害虫ってどういうもの?と思われることもあるかと思います。

病害虫を事前のお手入れで発生しにくくしておけば、いやーな虫もあまり見ないで済みますねヽ(´▽`)/
以下、ご参考にしてください!

■樹木の病気
葉が変色したり、しおれたり、カビが生えたり、腐ったり、枯れたり、という症状です。
大きく分けて二つの理由があります。

①カビや細菌、ウィルスなどの病原菌
「うつる病気」です。病原菌が増える環境条件が揃い、植物の状態が思わしくない場合に発生します。

②栄養分の過不足、不適切な栽培環境による生理障害
「うつらない病気」ですが、このような状態にあると、病原菌などにさらされた場合、移ってしまいます。

■害虫
植物の葉や茎、根を食べてしまったり、ウィルスを媒介したりします。

■■■

●病原菌や害虫は、それらにとって都合の良い温度・湿度・日照・風通しなどの環境が揃うことで増えます。

「雨が続いて、日当たりが悪く、湿度が高い

このような条件の時は庭木だけでなく、家の中でもカビが生えたりするように、どこもかしこも病原菌が増えます。
植物も、そんな条件の時は元気がなくなるため、病気にかかりやすくなります。
人間も、元気がないと、病気にかかりやすくなってしまうことありますよね。

●雨が少なく、曇天が続き、比較的涼しくて乾燥する時に発生するものもあります。

湿度が高い、とは反対の条件ですが、どちらの場合も、発生しにくい環境づくりは同じです。

■■■

病害虫対策って特別大変なことではないんですよ~(o^-^o)


①落ち葉や栽培が終わった植物の残骸は、病原菌や害虫の越冬場所になります。
庭掃除でスッキリしましょう!

②咲き終わった花、枯れた茎、葉も取り除きましょう!

③混みあった枝葉を剪定したり、密植を避け、風通し、日当たりを良くしましょう!

自然のものである以上、病害虫の全てを避けることはできませんが、少なくすることはできます!
病害虫対策も、ガーデニングの工程の一つ。
こうしてちょっとの手を掛けてあげることで、お庭により親しむことができるのだと思います(o^-^o)


□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。
営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

|

« 【お願い】メールアドレスのご確認を!(メールがエラーで返ってきます) | トップページ | 出荷樹木紹介:お花が可愛いユスラウメ、幹が美しいシラカバジャクモンティ »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草花の病害虫って?対策はどうすれば良いの?:

« 【お願い】メールアドレスのご確認を!(メールがエラーで返ってきます) | トップページ | 出荷樹木紹介:お花が可愛いユスラウメ、幹が美しいシラカバジャクモンティ »