« 冷たい北風と土や葉の霜・凍結について | トップページ | フェイジョアの果実はこんな感じ »

2016年2月 1日 (月)

フェイジョア:アポロ耐寒気温

寒い日が続いていますね。
この時期は、春のお庭作り計画をして楽しみたいですね。

本日は、お問合せの多い、フェイジョア:アポロについてです。
ちなみに、現在の農園の在庫は、露地物とポット栽培のものがありますが、
数は非常に少ないです。
フェイジョア:アポロ120cm内外(ポット)

フェイジョア:アポロ150cm内外(露地)

露地物は、まだ気温が寒いですので出荷することができません。
ポット栽培のものは根を切りませんので、移植は可能ですが、
まだまだ寒いですので、お届けする地域によっては寒さで葉を落とすこともあります。
ただ、どちらも2本ほどしかありませんので、在庫切れになってしまいましたら申し訳御座いません。

また、ご注文のタイミングによっては、サイト上で在庫があっても、実在庫がなくなってしまっていることもあります。申し訳御座いません。

フェイジョア:アポロは熱帯地方の原産です。
それでも、気温的にはマイナス10度くらいまでなら耐えます。
ただ、気温がマイナス10度より暖かくても、冷たい寒風に当たるのは良くありません。
また、寒すぎると落葉してしまい、翌年の花付が悪くなります。

寒冷地では、防寒や霜よけ、鉢植えにして室内に取り込むなど対策が必要です。
樹木屋の農園は愛知県ですので、それほど多く雪は降りませんが、冬は積雪による枝折れ対策に枝を釣るなど致します。

ただ、熱帯地方原産ですが、耐寒気温はレモン(マイナス3度)、キンカン、オレンジ(マイナス5度)などより耐えられ、耐暑性もあり、病害虫にも強い木です。

華やかな花、食べられる果実、常緑の葉、これらの特徴からシンボルツリーとしても人気です。
フェイジョアには実生や品種ものがありますので、こちらの選び方は以前、ご紹介いたしました記事をご参考にしてくださいませ。
フェイジョアの品種選びのアドバイス


□□□□□
定休日:土日・祝日  営業時間:10時~16時  ※スタッフは常駐ではありません。 営業時間中でもお電話で出られないこともございます。 ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承くださいませ。

|

« 冷たい北風と土や葉の霜・凍結について | トップページ | フェイジョアの果実はこんな感じ »

樹木紹介【常緑】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイジョア:アポロ耐寒気温:

« 冷たい北風と土や葉の霜・凍結について | トップページ | フェイジョアの果実はこんな感じ »