« 秋の移植シーズン【シンボルツリーの樹木屋】 | トップページ | 下草セット【ヤブラン、アジュガ、アベリアなど】 »

2014年11月 1日 (土)

11月のお庭の手入れ方法【シンボルツリーの樹木屋】

11月になりました。今年は一気に寒さがやってきましたね。
朝晩の冷え込みがしっかりあると、紅葉はきれいになると言われていて、今年はその冷え込みが充分なようです。

ということで、秋は移植シーズン。本日は、苗の選び方をお伝えしようと思います。

流通する苗には、ポット苗・根巻き苗・不織布苗などがあります。
ポット苗は、ポットの中で育った苗で、根が切られていない分、植え付け後に枯れることが少ないです。

根巻き苗は、畑で育てられ、掘り上げて販売される苗です。ポット苗より大きく育っていることが多いですが、移植する際に、根っこを切っているので、庭木が 自身を守ろうと、一旦、葉を落とすことがあります。購入後は、できるだけ早めに植え付けるようにしましょう。なので、掘り起こし後、長い間、外に放置され ているものは、よく木の状態を確認しましょう。

不織布苗は、不織布の入れ物の中で根制限をされつつ、畑の中で育ちます。こちらも、根を傷つけずに掘り起しが可能です。その分、植え付け後傷みが少ないです。

よい苗を選ぶポイントとしては、根がしっかり張っている苗ですが、上記3つの状態の苗では外側から見ても分かりません。ポット苗では根元がぐらつかず、鉢 穴から根がのぞいているもの。根巻き苗は、根鉢を触ってみて、ふわふわゆるくなっていないか、弾力がある根鉢かを確認します。新しい苗が一番なので、店頭 で長い間並んでいるうちにあまりに弱っているように見える苗はお勧めできません。入荷して間もない苗を選びましょう。

樹木屋では、できるだけ自然の中で育てた苗木を扱っています。ビニールハウスの中で綺麗な状態を保ったものばかりでなく、四季折々、自然の中で、自然な変 化をしているものをご用意します。畑の苗木は、ご注文いただいてから、根っこを掘り起こして安定確認などの作業を行ったものを、お届けします。新鮮で自然 が一番をモットーにしてます。

ビニールポット
麻布
不織布

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

|

« 秋の移植シーズン【シンボルツリーの樹木屋】 | トップページ | 下草セット【ヤブラン、アジュガ、アベリアなど】 »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月のお庭の手入れ方法【シンボルツリーの樹木屋】:

« 秋の移植シーズン【シンボルツリーの樹木屋】 | トップページ | 下草セット【ヤブラン、アジュガ、アベリアなど】 »