« 2012年~2013年冬季休暇【樹木屋】 | トップページ | オータムベリー(アロニア):アルブティフォリア【落葉・低木】 »

2013年1月 1日 (火)

1月のお庭のお手入れ方法【シンボルツリーの樹木屋】

新年、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

皆様におかれましては、よいお正月をお迎えでしょうか?さて、今年も、毎月、お庭のお手入れ方法をお送りさせていただきます。 参考にしていただければと思います。よろしくお願いいたします。

***********************

1 月は、ほとんどの樹木が休眠状態です。枝の芽は防寒のため、樹木自身が固い鱗片をまといます。特に落葉樹は、春に芽吹くために、この冬の寒さに当たること が必要なのです。地球温暖化が進む昨今、冬の暖かい日に、樹木が芽吹いたり、花を咲かせたりする“狂い咲き”を起こすことがありますが、そういうことを起 こさないためにも、これを機会に家庭内で温暖化防止策を考えてみるのもいいですね。

水遣りについては、植え付け直後は別ですが、それ以外 は、さほど水を要さない時期です。鉢植えなら週1度くらいのペースで、樹木の様子を見ながらあげましょう。庭植えも同様ですが、場合によっては、時折振る 雨のみで、水遣りが不要です。とにかく根っこがずっと湿った状態はよくありません。表土が乾いたら水をあげるペースを掴みましょう。

肥料も、根の活動が鈍っているため、不要です。ただし、カエデ類は既に根が活動を始めています。寒肥を施してあげましょう。

移植については、土が凍てたり、雪が降ったりするような地方では少し様子をみますが、そうでなければ、落葉樹は作業ができます。乾燥した風を避けるため、作業後の風除けや支柱には注意をしましょう。

******************************

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

|

« 2012年~2013年冬季休暇【樹木屋】 | トップページ | オータムベリー(アロニア):アルブティフォリア【落葉・低木】 »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月のお庭のお手入れ方法【シンボルツリーの樹木屋】:

« 2012年~2013年冬季休暇【樹木屋】 | トップページ | オータムベリー(アロニア):アルブティフォリア【落葉・低木】 »