« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

ハイノキ【常緑・高木】

 「やっぱり、新築の常緑のシンボルツリーと言ったら、これでしょ」というくらい人気があるのが、このハイノキ。1.2mも人気がありますが、最初から見栄えが欲しいと言う場合には、この1.5mが人気です。

ハイノキ【常緑・高木】150 ハイノキは、さらさらとした細かい葉っぱと、繊細な枝ぶりが特徴の、常緑樹の高木です。生育が緩やかなので、植えてから大きくするには少々時間がかかりますが、日本の家屋のお庭のサイズからすると、生長が遅いのが歓迎される向きがあります。

ハイノキ【常緑・高木】150 新築されたら、格調高いこの1本を検討の中に入れられるのもいいかと思います。植えられる土地に条件が少々ありますので、迷われたら、ご相談くださいませ。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

ヒメシャリンバイ:ロゼア【常緑・低木】

 こちら、ヒメシャリンバイ:ロゼア という常緑樹の低木の庭木です。今、植え込み適期で、お勧めです。

 ヒメシャリンバイ:ロゼア【常緑・低木】  お花の形がうめに似ていることから、シャリンバイという名前がついていますが、ロゼア品種は薄ピンク色お花が密集してぎっしりつくので、そんなに梅を感じ させない品種です。潮にも強いので、海側に植えたいという方にもおすすめできる、強い庭木です。また、群青色~黒っぽい実もたくさんつきますので、お子さ んが楽しんで遊べる庭木です。

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

シャシャンボ【常緑・低木】

 先日も出荷したシャシャンボという可愛い木があります。シャシャンボは常緑樹の低木です。

シャシャンボ【常緑・低木】 小さな果実がたくさんついた様子から、“小小ん坊”という親しみのある名前がつけられています。「日本のブルーベリー」とも言われているので、実は食べられます。

 寒い地域の方から、「積雪が結構ありますが、お勧めの常緑樹は何ですか?」と言われると、こちらお勧めになります。比較的寒さに強いので、寒い地方にも植えられる常緑樹として人気です。寒くなると、少し葉を赤く染めるのも綺麗です。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

ポップブッシュ:プルプレア(ドドナエア:プルプレア)【常緑・高木】

 銅葉と言えば、ポップブッシュ:プレプレア という常緑樹の高木も人気があって、最近よく出荷しています。別名、ドドナエア:プルプレアといいます。

ポップブッシュ:プルプレア(ドドナエア) ポップブッシュは、常緑の高木で、葉色がとてもきれいな1本。南国ムードも味わえて、とても素敵です。強健であまり手がかからないのも、この木の魅力です。お客様のところでもきれいなシンボルツリーとして馴染んでくれるといいなと思います。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

アメリカテマリシモツケ:ディアボロ【落葉・低木】

 今の時期、常緑樹しかだめかというと、そういうこともありません。落葉樹で高木ですと、落葉期まで待っていただいた方が無難なものもありますが、少し樹高は低くてもポットのものでしたら、今でも植え付け適期です。

アメリカテマリシモツケ:ディアボロ【落葉・低木】 こちらは、アメリカテマリシモツケという木のディアボロという品種の庭木です。落葉の低木カテゴリーに入ります。 木というと、緑の葉っぱを思い浮かべたり、斑入りのものが今流行っていますが、やはりこういった銅葉色の木が1本入ると、お庭の雰囲気がぐっと落ち着きます。アメリカテマリシモツケは、薄紅色のお花も可愛いです。

アメリカテマリシモツケ:ディアボロ【落葉・低木】 現在の葉色は落葉までこんな感じですが、また春にきれいな新芽が出てきます。

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

マホニア:コンヒューサ【常緑・低木】

       

 こちら、常緑樹の低木マホニア:コンヒューサです。今、蕾が膨らんできて開花直前、植え込みも適期でとってもお勧めです。

マホニア:コンヒューサ【常緑・低木】40㎝ 洋風にも和風にも合う、高木足元への植え込みに最適で、冬にさかせる黄色い花と 紫色の実は、冬のお庭を賑やかにしてくれます。また、とっても強いので、剪定も気軽にできます。

マホニア:コンヒューサ【常緑・低木】60㎝ 今でしたら、通常より大きいサイズのこのくらいのがあります。定番で出ていなくても、サイズ違いはご用意できる場合がありますので、是非お問い合わせくださいませ。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

ハクサンボク【常緑・低木】

 こちら、先日納品のハクサンボクです。ハクサンボクは、常緑樹の低木ですが、お花や実にインパクトがあるので、玄関先など狭い場所の常緑シンボルツリーとしてもすてきなチョイスの木です。

ハクサンボク【常緑・低木】120 魅力は3つ。光沢のあるつやつやした葉っぱ、純白の華やかなお花、そして秋にきれいに実らせてくれる赤い実です。常緑樹ですが、季節が感じられるのがいいですね。

ハクサンボク【常緑・低木】150  シンボルツリーにとお考えでしたら、今でしたら、このくらいの150㎝のものもありますので、お勧めです。もともと低木ですので然程大きくならないのです が、日本のお庭や玄関先でも、そんなに大きくならない木を探しているという方は多く、そうするとこのくらいの低木がしっくりいく場合が多いです。迷われた ら、ご相談くださいませ。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

サニーフォスター:セイヨウヒイラギ・イレックス【常緑・中木】

       

昨日出荷の、セイヨウヒイラギ、イレックスの仲間の「サニーフォスター」の写真です。サニーフォスターは、常緑の中木で、美しい葉色が特徴の庭木です。

サニーフォスター:セイヨウヒイラギ【常緑:中木】 中木と言うことで然程大きくならないことから、日本の一般的なご家庭のお庭にぴったりのサイズです。「あまり大きくならない常緑樹でお勧めはなんですか?」と言われると、この木も候補になります。目隠しとして、また刈込にも耐えるので、生垣にもぴったりのサイズです。

サニーフォスター:セイヨウヒイラギ【常緑:中木】葉色 また、特徴として美しいのが、なんといってもこの葉の色、はっぱを楽しむ木で す。新芽が赤い木は結構ありますが、このように黄色(黄金色)というのは珍しいですね。色も明るくてとても華やかです。お庭の彩にお花を考えるのもよいで すが、こうやって葉の色でにぎやかさを出すのもすてきだなと思います。お客様のお庭でも、冬の間も、お庭を賑やかにしてくれるといいなと思います。

 

庭木:植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

シマトネリコ【常緑・高木】

 つい最近まで暑かったのが嘘のように、一気に秋に突入した感じですね。皆様いかがお過ごしですか?

 今月に入り、常緑樹の出荷を本格的にスタートしました。今出荷しているもの、今移植に適していてお勧めの木などを、また今日から少しずつ紹介していければと思います。

シマトネリコ【常緑・高木】 まず、今日は、 本日出荷のシマトネリコから。シマトネリコは、常緑樹の高木で、シンボルツリー向けの庭木で す。暑さにかなり強い木なので残暑が残るなかでも出荷してきた元気君です。暑い日差しにも負けることなく繁々としげる木々で暑さを遮ってくれますし、暑さ に弱い他の木をどうしても南に植えたい際にお隣に植えてやるとそういった木々を守ってくれたりします。「南向きの西日の強いお庭でシンボルツリーとしてお 勧めは何ですか?」と聞かれたら、やはりこれが一番候補に挙がります。存在感抜群ですしね。お届け先でもしっかり根を張って元気に育ってくれると思いま す。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

10月のお庭のお手入れ方法【樹木屋】

  今年は予報通り、残暑が厳しいですね。朝晩は涼しくなりましたが、お彼岸を過ぎても日中は暑い日々が続いています。樹種によりますが、落葉高木の発送を遅 らさせていただいている方には、ご理解いただき、ありがとうございます。また、皆様のご家族におかれましても、いかがお過ごしですか?では、10月の庭木 のお手入れ方法です。参考にしていただけたらと思います。

******************************

10月中旬になると、徐々に気温も下がり、特に日本の秋は、からっとした過ごしやすい季節に入ってきますね。平均気温も、鹿児島でも20.8度、札幌では11.3度まで下がってきます。

そ んな中、庭木は生長を止めて休眠期に入ってきて、落葉樹は葉の色を変え始めます。また、温度変化に伴い、樹液の移動が緩慢になるので、移植をしても植え傷 みが少なくなるため、一般的に「移植の適期」と言われています。この適期は、落葉樹の落葉期の間はしばらく続きますが、常緑樹はあまり寒い時期の移植は向 かないので、極寒期に入る前のこのくらいの時期に常緑樹は済ませておくのがよいでしょう。また、日本の秋は季節もよく、お庭に出るのが気持ちよい季節です から、ガーデニングにとっても適期の季節といえるのではないでしょうか。夏の間暑くてお庭に出られなかった方は、夏の疲れをとるようにお庭も手入れをして あげると、樹木も喜びます。

肥料のやり方は、木によって色々違うことが書かれており、難しく感じる方も多いですが、春と秋に、油粕や鶏糞 などを与えておけば、おおよそ問題ありません。油粕は、大豆やアブラナ・アマなどの種子から油をしぼりとった残りのかすで、肥料や家畜の飼料用に使われて います。有機質肥料を与えていると土壌が柔らかくなりますが、特に鶏糞はその効果があります。秋の施肥は、寒肥(冬の寒い時期に肥料を与えること)を補う こともできます。

お客様からいただいたお便りやお写真を載せました、以下のページも参考にしてみてください。http://www.gardenshop.co.jp/html/newpage.html?code=78

樹木屋では、お庭の写真など、楽しみに待っています。季節によって、お花咲いたよ、剪定したよなどのお写真、是非お送りくださいませ。

******************************
樹木屋

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

今後とも、樹木屋をよろしくお願いいたします。


庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »