« アオハダ【落葉・高木】出荷再開しました! | トップページ | ツリバナ【落葉・小高木(中木)】:移植適期って何?! »

2012年3月 7日 (水)

フェイジョア【常緑・高木】:アポロなど品種の選び方について:在庫あと少しです!

フェイジョアのアポロという品種が、とても人気です。

 ●何故かと言うと、フェイジョア果樹の花には、雄しべ雌しべがありますが、同一木内では自家結実性がほぼないため、2本取り揃えないと受粉がされず、結実を迎えません。ですが、アポロ1本でも同木内での受粉が行われ、結実性が高いと言われているからです。

●また、もう一つの理由に、アポロのように品種指定のものは、基本的に、ものすごく小さい苗ものしか、市場に出回らない傾向があるということです ね。品種ものを育てるのは大変ですし、基本的には樹形はあまり関係ないので、早いうちに農家さんが手放すということでしょう。年数のあまり立たない苗はや はり安く手に入れることができます。金額だけを基準に選ばれる方は、それでもよいと思います。

当店は、シンボルツリーをメインに販売するネットショップですので、やはり幼木のうちのお世話や手入れ、樹形については、こだわりがあります。それが、新築を建てたばかりの時に、庭に植える木をこだわって選んでくださる方がお客様に多い所以だと思います。

 

ただ、ひとつ、いつもお電話でフェイジョアの品種について、お問い合わせをいただくときに、お伝えすることがあります。改めて、ブログでも、お伝えしておきたいと思います。

①樹形を気にされるのであれば、、、フェイジョア

 1.5m以上の、普通のフェイジョア(品種指定なし)をお勧めします。

  当店では、ご説明が難しくなるため、最近混雑種と掲載するようにしましたが、別に雑種と言うわけではありません。あくまでも実生(種から)で育てたものな ので、親の品種を受け継がず、原種の性質が再現されることが多く見受けられます。それで、品種が特定できない木ということになります。が、ものはいいで す。2本あれば、結実する確率は高いです。

②2本植える場所がないけれど、フェイジョアの実が欲しい! フェイジョア:アポロ フェイジョアのアポロをお勧めします。。。が、樹形はある程度、あきらめてください。
フェイジョアのアポロは、 幹が曲がり易いです。それでも、樹木屋で扱うフェイジョアアポロは、1.2mになるまで、できるだけ芯が立つように、矯正して育てています。それでも、曲 がり易いもともとの性質がありますし、実をたくさんつけるためには、果樹は、太陽の方向に好きなように伸びていきたいものなので、そのようにさせてあげて ください。でも、実はたっぷり楽しめますので^^ お子様のいらっしゃるご家庭にはお勧めです。

③2本植える場所がある。樹形も気にするけど、実も欲しい。フェイジョア 2本

  ご予算もあるでしょうから、少し気長に育てるつもりで、小さ目の、普通のフェイジョアを2本植えられたら、いかがでしょうか? やはり樹高が高い木になりますと、こちらで育てる年数手間がかかってますので、お値段が小さいものより高くなってしまいます。少し樹高の低い木は、樹形の 矯正が最後まではできていませんが、それでも、最初の数年はちゃんと施してありますし、2本あれば、実を楽しめますので、この方法をお勧めします。今だ と、フェイジョア:ジェミニという品種もご用意しています。

 

 少し話がそれました。。。フェイジョアのアポロという品種がとても人気ですというところに話を戻します。

大 きめに育てた1.2mの農園在庫がほとんど予約だけでなくなってきてしまいました。 ネットショップですので、お客様が注文ボタンを押した瞬間に、他の方もボタンを押すとか、農園で売れてしまうということもありますので、少し余裕を持っ て、在庫数字を掲載しています。昨晩も後◎本というのが、あっという間になくなってしまいました。今朝改めて確認しまして、残りぎりぎり3本を確保しまし たので、掲載しました。もうこれ以上は本当にないと思いますので、これが売れてしまった、一年くらいは出せない品種だと思います。頑張って、農園に育てて もらいますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

庭木・植木総合専門サイト:シンボルツリーの樹木屋

|

« アオハダ【落葉・高木】出荷再開しました! | トップページ | ツリバナ【落葉・小高木(中木)】:移植適期って何?! »

樹木紹介【常緑】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェイジョア【常緑・高木】:アポロなど品種の選び方について:在庫あと少しです!:

« アオハダ【落葉・高木】出荷再開しました! | トップページ | ツリバナ【落葉・小高木(中木)】:移植適期って何?! »