« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

冬季休暇のお知らせ

当店樹木屋は、 明日 ”12月29日(木)~1月4日(水) まで、冬季休暇をいただきます。

出荷および、メールの返信などが、1月5日以降の対応になります。

お急ぎでなければ、メールを入れておいていただけますと、随時、こちらから返信、ご連絡させていただきます。誠に恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

皆様におかれましても、よいお年をお過ごしください。

  Have a happy new year!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメイチゴ(イチゴノキ)【常緑・低木】

       

ヒメイチゴ、イチゴノキ こちら、先日出荷のヒメイチゴ、別名イチゴノキと言います。蕾がいっぱいついていて、もう少しすると満開のお花が見られることと思います。今のこの時期、大き目のしっかりした木が出荷可能です。

ヒメイチゴ、イチゴノキ また、上記のものはシロ花ですが、こちら、ピンク花のイチゴの木です。今後販売していく予定です。

ヒメイチゴ、イチゴノキ、ピンク花 ピンク色の蕾の中で少し開いているものもあって、可愛いですね。もう少しするとびっしり咲きます。

ここについているお花蕾の実は、来年の今頃、結実します。お送りしたお客様も楽しみに待たれていることと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

ハイノキ【常緑・高木】

       

ハイノキ【常緑】 こちら、先日お送りしたハイノキです。常緑樹の高木で、冬でも移植OKの、とても有難い木で、1月も出荷できます。

葉が細かくて、もちろんシンボルツリー向きの木です。希少種なので、こちらもとても人気です。ただ、暑いのが苦手なので、植え付けは、日当たりが良すぎる場所よりも、少し日陰になるくらいのところがいいですね。

樹形もとても気に入っていただきました。これから、お送りした新築で立派なシンボルツリーになっていってくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

コロラドビャクシン:ウィッチタブルー【コニファー】

       

ウィッチタブルー目隠しのお問い合わせ多い中で、やはりコニファーもよいですが、大きくなり過ぎるのは困るという方にお勧めしているのが、このコロラドビャクシンウィッチタブルーです。こちら、今週出荷するウィッチタブルーで、80㎝です。

ウィッチタブルー 春から夏にかけてのブルーっぽい青銀カラーがとてもきれいで、成長が遅く、コニファーの中では比較的剪定の手間がかからないのが人気の秘密です。全国的に品薄ということで、お待ちいただいていた方が多いのですが、今回12本入手できましたので、ご希望の方はお早めに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

ミモザ(銀葉アカシア)【常緑・高木】

       

ミモザ(銀葉アカシア)【常緑・高木】 こちら今週出荷のミモザ(銀葉アカシア)です。冬にきれいなお花を咲かせるミモザは、やはり年間通して人気です。

ミモザは、 地面に植えるとみるみる間に大きくなるため、出荷前はポットで根制限をして育てています。ですので、出荷当時は幹はほっそりと、枝もふわふわとしていま す。大きくなってから剪定で小さくすることはできないので、まめに剪定をして、自分がここまでというサイズをキープする形で育ててもらうのがいいですね。

ミモザの花  人気の秘密&魅力は、なんといってもこのフワフワとした綿のような冬の黄色いお花。もうすぐお花の時期がやってきます。シンボルツリーとして植えられると、年始一番お正月にかけて、とても華やかな印象を、訪問者に与えることができますね。お客様のところでも、明るいシンボルツリーになってくれるといいなと思います。

ちなみに、常緑樹は一部極寒期の出荷を控える樹種が出てきます。このミモザは、1月は出荷停止となります。お花の一番きれいな時期なのでお問い合わせも更に増えるのですが、そうなりますと、出荷をお待ちいただく場合もありますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

クロソヨゴ【常緑・高木】

クロソヨゴ:雌 こちら、昨日出荷のクロソヨゴです。株立ちのきれいな樹形なものが欲しいということで、写真を確認していただいた上で、出荷しました。

クロソヨゴの実 クロソヨゴは、 ソヨゴよりも少し小さ目で、成長も緩やかです。雌木だとつく実も人気で、こちらの木も雌木指定でした。10~11月には、大きな木にはこれくらいたくさん の実がついていて、とてもきれいでした。実は、大きくなってからしかつかないので、小さな苗木だと雄雌の判断はつきません。成木になって安定してくると、 実がつき始めますので、大き目のものであれば、雌雄指定も可能です。

今回お送りしたお客様のところでも、綺麗な常緑の葉っぱと秋の実を楽しんでいただけるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

フェイジョア:アポロ【常緑・高木】

       

フェイジョア:アポロこちら、本日出荷のフェイジョアです。フェイジョアのアポロと言う品種で、1本で結実しやすいということで、とても人気があります。

やはりフェイジョアは人気で、出荷も毎日続いていますが、植える場所が小さいけれど、どうしても結実させたいという方は二本植えるのは難しいということで、こちらの品種指定のものをお求めいただいています。

フェイジョアの実実がなるのは、もう少し樹高が大きくなってからと思いますが、頑張って育てて、ご家族で楽しんでいただけるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

土のぬくもり 手作り製品(陶器)

       

プレゼント包装 今日はひとつプレゼント包装をしました。新築などのお祝いに、庭木をお送りすることがよくあるのですが、樹木をお送りするときは、包装は難しいので、カードのみつけさせていただいてます。

 今回は、お世話になった方へ、手作り土製品の 香炉 をお送りしたいということでしたので、プレゼント包装をかけさせていただきました。 日ごろできないので、心を込めて包装したつもりです。喜んでいただけるといいなと思います。

その他 土製品の陶器も 随時、樹木屋ウェブショップでお求めいただけるようになっていきます。今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラタネオガタマ:ポートワイン【常緑・高木】

この時期でもやはり常緑樹のお問い合わせが多く、いろいろな相談をいただいています。

①ご近所との境に、ちょうど窓からの視線が合ってしまって、通年通しての目隠しが欲しい。

②葉があまりまとまって落ちると、掃除が大変、お隣さんに迷惑がかかるので、常緑樹が欲しい。

③冬の間、お庭を寂しくしたくない。

な どといった理由が主流です。常緑樹といっても全く葉っぱが落ちないということではなく、当然、葉が更新しますから、年に数回、葉が落ちて新しい芽が吹いて るんですよね~。それでも、秋にまとまって落ちて落ち葉拾いをしなければいけないということはないので、知らないうちにどこかかしかに風で流れて吹き飛ん でいます^^

また、通年通して葉があるので、植えてしまうとあまり変化が感じられないかもしれないですが、やはり冬になると少し葉っぱを大目に落とす樹種もあります。その時その時で、木の確認を写真でしてもらってから買っていただく方も多いです。

カラタネオガタマ:ポートワイン 常緑樹の問い合わせが多いので、最近出荷した常緑樹木々の写真を、今日から続けて載せてみようと思います。

カラタネオガタマ:ポートワイン まず、カラタネオガタマのポートワインという品種です。クリスマスシーズンのこの時期にぴったりの名前の木ですね。お花の色が、赤ワインのようにきれいな紫色で、5月くらいにきれいに花開きます。葉の密度が濃く、しっかりとした目隠しになってくれます。

お客様のところで、いい目隠しになっているといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

アオダモ【落葉・高木】

       

アオダモ落葉樹の適期を迎えたこの時期に、大人気のアオダモ2mの在庫がもう少なくなってきました~。少し樹高の低いものもご用意しないといけないかもしれません。

アオダモアオダモは、 落葉樹の高木で、シンボルツリーに適した樹で、非常に丈夫で人気があります。夏には、シマトネリコに似たふわふわとしたお花を咲かせて、お庭をにぎわせますが、四季も感じられるのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

室外機カバー(黒竹)

       

黒竹の室外機カバー オーダーいただいた室外機カバーが完成したので、写真を撮ってきました。今回のものは、黒竹を使ってあって、端正な感じです。ベテランの職人 長谷川義春氏 が制作しました。

黒竹の室外機カバー 据え付ける場所に勾配があって、左右で高さがあるので、左右のヒノキの支柱の高さが変えてあります。右側少し浮いているの分かりますか?

黒竹の室外機カバー折り畳み式で、このような形で配送。広げて、トップカバーをするだけなので、組み立ても簡単です。

今回は、和風の素敵なお宅でした。お客様のところで、格好いいお庭を室外機カバーですてきに演出していただけるのを、わたくしたちも楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

ヤマコウバシ【落葉・高木】

       

ヤマコウバシこちら、ヤマコウバシといいます。落葉樹の高木です。落葉樹が植え付け適期となってきましたが、こちらのヤマコウバシ、葉っぱが落ちずにこのまま葉っぱを残したまま冬を越します。

ヤマコウバシ11月には、こんな感じの深いオレンジの紅葉。 前回ご紹介したモミジとはまた違った色合いでとてもきれいです。

ヤマコウバシそれが今でもこんな感じで茶色で残って、落ちない落葉樹なんです^^;;; 受験にいいかも~?!冗談はさておき、冬にお庭にこういう色合いの木があるのも、とても落ち着きます。

趣があって、とても素敵な庭木で、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

イロハモミジ【落葉・中高木】

       

イロハモミジ【落葉・高中木】こちら、先日出荷したイロハモミジ。ご主人がイロハモミジが大好きとのことで、お庭の真ん中に植えていただきました。かろうじて、残っている葉っぱも、これでどんどん落ちていきます。暖冬の今年も、落葉が進んで、落葉樹の植え付け適期がやってきました。

イロハモミジ【落葉・高中木】 今年は、10月まで暖かくて、急に寒くなりましたので、紅葉も本当にきれいでした。この樹も、黄色とオレンジと赤が混じりあった、綺麗な紅葉を見せてくれました。

お客様のところでは、もうすぐに葉が落ちてしまいますが、来年から鮮やかな紅葉をまた見せてくれることと思います。お庭に一本、紅葉のきれいな落葉樹を置くと、四季が感じられていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

巣箱【ガーデングッズ】

ご注文いただいた、オーダー製品の巣箱が出来上がりました。職人が心を込めて作ったもの。杉で作ってあります。

巣箱 本日配送して、お客様のところのお庭に飾っていただく予定です。

巣箱 鳥がたくさん来てくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

いよいよ落葉樹の植え込みの季節です!

農園に行ってきました。今年は暖冬で、今でも紅葉がきれいな木がありますが、段々落葉が進んできて、自然に葉がない気が増えてきました。こうなると、落葉樹の本格的な植え込み適期となります。

クレーン こんな大きな樹は、ご自宅には植えられませんが、落葉樹の大きな樹がどんどん農園にも入ってきます。こちら、公園や街路樹に使用する木々です。13トンクラスの大きなトラックで運ばれてきて、クレーンで吊って降ろします。食えr-

樹高の大きな樹は、もちろん根っこも大きいので、相当重いです。以下は、桜の木とホルトの木。5mくらいある木々です。

サクラとホルトの木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門扉回りの植え込み【低木・下草】

       

新築のお宅で植樹のお仕事を数日間にわたってやらせていただきました。その中で、門扉回りの下草のご相談があり、コーディネートさせていただきました。門扉回りの下草は、シンボルツリーと同じくらい、お家の顔になるので、みなさん迷われるところですね。 

門扉回り 基本的に、まずお好きな木々を決めていただくのですが、高低を出すとおしゃれな感じになるので、1つ少し背の高いものを決めます。今回は、低木でも繁ってしまうと表札やポストの邪魔になるといけないので、ニューサイランの80cmを真ん中に据え置くことにしました。

門扉回り  後は、好きな低木や下草を並べていきますが、色にも変化があるとよいですね。あまり斑入りのものはお好きではないということでしたので、斑が入っていない 矮性の低木でご提案しました。一番左のアベリアのエドワードゴーチャで若干の赤、マホニアコンヒューサでグリーン、一番手前右にアサギリソウで白、そして 一番右の玄関から出てすぐ見える場所に、お客様の大好きなギボウシとトキワナルコユリという形で。まずは、ポットを並べてバランスを見ます。

門扉回り

そのあと、土の状態を確認し、腐葉土などを混ぜて、上記のように仕上げました。お花の咲く時期がずれていますので、それぞれの季節で楽しんでいただけると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

陶器

       

今日は、仕事の写真撮りで愛知県常滑市に行きましたが、その際、お仕事でお世話になっている陶芸家 谷川仁先生の個展ものぞいてきました。

谷川仁 陶展

http://www.tokoname-kankou.net/gallery/gallery

12月9日(金)~19日(月)

先生の作品は本当にあったかくて、自然で、のせる食材にもとてもよいだろうと思えるものばかりです。釉薬に頼らない工法。釉薬を使用する際は、全て一から自然のものから作るというこだわり。土も全て山から採って自身で混ぜて作ります。

お 花の花器は、内側が花材がいけやすいようにわざとザラザラにしてあります。 個展では、常滑地区の旧家の方々が、個展に合わせて、山やお庭から持ってきてくださるという、果物やお花もとても素敵に飾ってありました。花器がや器が華 やかに見え、個展もとても素晴らしいものでした。常滑駅の改札を出てすぐにギャラリーCeraでやっています。まだまだ間に合いますよ^^

谷川仁谷川仁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

土のぬくもり

谷川仁

今日は、仕事の写真撮りで常滑に行きましたが、その際、お世話になっている陶芸家 谷川仁先生の個展もお昼にのぞいてきました。 
http://www.tokoname-kankou.net/gallery/gallery
谷川仁 陶展
12月9日(金)~19日(月)
先生の作品は本当にあったかくて自然で、のせる食材にもとてもよいだろうと、思えるものばかりです。お花の花器も、内側が花材がいけやすいようにわざとザラザラになっています。常滑の旧家の方々が、個展に合わせて、山やお庭から持ってきてくださるという、果物やお花もとても素敵。個展がより華やかに見えました。常滑駅の改札を出てすぐのギャラリーCeraでやっています。

谷川仁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

下草

       

アベリア今日は、今度のお庭づくりに使う、低木下草を準備しました。こちらは低木で、アベリア三種類。ニューサイラン。シロヤマブキです。

カレックス こちらは常緑の多年草を中心に。

 

下草 枯れても綺麗なカレックスなども合わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

オリーブ【常緑・高木】お客様からのお写真その5

お客様からのお写真シリーズその5です。今回は、鉢植えで上手に育てられているお客様です。

オリーブ:鉢植え

芯がしっかりたったオリーブを、そのままきれいに樹形を保たれて育てていただいているようです。門周りの土がない部分にも、上手に鉢植えで緑を加えられていて、とてもいいですね。冬でもさみしくならず、とても素敵です。こうやってお客様からお写真をいただけると本当に嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

アオハダ【落葉・高木】お客様からのお写真その4

       

もうひとつお客様から最近送っていただいた、秋を感じさせてくれるお写真をお送りします。

アオハダ 3年前に愛知県に配送させていただいた、アオハダ。「こんなにきれいな実をつけてくれる秋の姿が本当に大好きです。」とのコメントがついて、とても素敵なお写真をいただきました。カーポートに、プランターを置いて上手に演出されていますね。落葉した後も、こうやって実が残るアオハダは、本当に情緒があって綺麗。また、枝ぶりもとても味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

コノテガシワ:エレガンテシマ【コニファー】

お客様からのお写真の続編です。

このガシワ:エレガンティシマ

こちら、愛知県の尾張地域に、1年ちょっと前に送らせていただいた、コノテガシワ:エレガンティシマ。  「こんなに立派に大きくなりました」とお写真送らせていただきました。1年ちょっとでしっかり根付いて冬でも青々として素敵な生垣になっています。最初 お問い合わせいただいて、木と木の間を余裕を持って植えていただいたのですが、もうひっついていますので、上に伸びる成長度も遅くなり、落ち着いてくるこ とと思います。相談から始まったご縁。こうやって、大切に育ててもらっていることが分かると、とっても嬉しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

ドウダンツツジ【落葉・低木】お客様からのお写真その2

こちらも、昨日と同じドウダンツツジで、素敵な写真をお客様から送っていただきましたので、ご紹介します。

ドウダンツツジ 素敵な岩の花壇の中に、綺麗に紅葉したドウダンツツジ。 目を惹くフォーカスポイントとなっています。こちらは北海道の室蘭からのお写真で、下に植えられた多年草のバコパの白い花と緑の葉がとても素敵なコントラ ストになっています。玄関先にこんなすてきなスペースがあるって、素敵だなと思いました。お客様からのお写真は、いつでも、本当に嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

ドウダンツツジ【落葉・低木】

お客様からこんなにきれいにお花が咲きました、紅葉しましたというお写真をいただくと、本当に嬉しいです。

ドウダンツツジ最近も、ドウダンツツジの きれいな紅葉の写真を送っていただきました。今年は暖冬で11月も例年に比べると暖かい日がたくさんあったので、今でも落葉せず、綺麗に紅葉しているので すよね。お花も綺麗な庭木ですが、秋の紅葉は本当に見ものです。常緑ヤマボウシとの対照も綺麗です。低木でも本当に存在感のあるいいシンボルツリーだなと 思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

12月のお庭のお手入れ方法

   

    おはようございます。もう12月ですね。街中の木々も紅葉から落葉に進んでいます。イチョウ並木はきれいですね。さて、今月も12月のお庭の手入れについて書きました。よかったら、参考にしてください。

イチョウ

 12月は、寒さがいよいよ本格化し、庭は寂しくなってきますが、特に落葉樹は植え込み適期です。冬に実をつける木々もあり、可憐な雰囲気をかもし出しま す。今月は冬ならではの作業をお正月を迎える前に終えておきましょう。葉が展開した6~7月に発生した病気の病原菌は、冬の間は越冬状態で潜伏します。落 ちた古葉や病気にかかっている葉は全て取り除き、感染源や害虫の越冬場所を綺麗にしておきます。万が一カイガラムシを発見した場合には、カイガラムシを掻 き落とし、今のうちに石灰硫黄合剤を散布して、対応しておきましょう。寒い地方では、石灯篭や手水鉢のひび割れを防ぐためにコモ巻きをします。水道管など も水が凍結しますので、防寒をします。苔庭の苔は霜柱で浮き上がると枯れてしまうので、防寒用に敷き松葉をします。鉢植えがご自宅にある場合には、戸外で 冬越しができるかどうかの判断をします。まずは、それぞれの耐寒性を調べます。そして、冬越しさせる場所の条件を知ります。同じ敷地内でも建物と鉢植え庭 木との位置関係や地面からの高さによって、日の当たり方、霜の降りる強さ、寒風の当たり方が変わります。この時期の植物は乾燥に耐えうる状態になっていま すが、からからは禁物なので、土の様子を見つつ、週に1度程度の水遣りを心がけます。耐寒性種は、戸外のどこでもまず大丈夫ですが、半耐寒性種は、霜や寒 風の避けられる場所を選びましょう。室内に取り込む鉢植えの植物については、冬越できる最低温度でグループ分けし、光の必要量に応じて配置します。ほとん どの植物は、冬は日光に当てるほど元気に育ちます。日光が長く当たる場所が少ない時は、光が少ないと枯れたり花付きが悪くなるものを優先して、屋内配置を 考えましょう。また、水の要求量に応じてもグループ分けすると楽です。冬に開花中の樹木は、水を十分必要とします。逆に多肉質の種類などは乾燥気味にしな いと根腐れを起こしやすくなります。水管理同じもの同士、まとめて置きましょう。部屋の最低温度を知ることも大変重要です。植物の高さに合わせて室内計を 設置しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »