« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

高木の植え込み

       

植込み お庭に木を入れるのにご相談を受けたお宅で、まず高木の植え込みをするのに、同行してきました。新築を建てた後、外構はしてもらったものの、好きな木を入れるのに、どこにどうやって植えたらいいのか?困られているという方からもよくご相談をいただきます。

植込み  お打ち合わせをさせていただいた際、お好きな庭木に落葉樹が多かったため、今はこんな感じですが、冬に葉を落とした後も綺麗な樹形の木が多く入り、満足い ただけているようで、とても安心しました。この後、中木、低木、下草という順で入れていきますが、低木にできるだけ常緑樹を入れることをお勧めしたので、 また少しずつ入っていきます。完成が待ち遠しいと言っていただけて、当社プランナーもにっこりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

薪ストーブのある暮らし

       

薪ストーブ先日、お打ち合わせをしに伺ったお宅に、薪ストーブがありました。おしゃれな新築リビングに可愛い薪ストーブ、とっても素敵でした。ちょうど、火入れ式をされていて、図々しくも見せていただきました。

薪 ストーブの体を温める仕組みは暖炉とは随分違うのだそうです。直接炎の温かさで体を温めるのが暖炉ですが、薪ストーブは、木材を燃焼した木炭ガスを再燃焼 させて、 その熱を最大限内部に溜めます。これによって発生した遠赤外線が、ストーブ本体表面の熱伝導を利用して広がり、人体や物、空気にぶつかることで発熱すると いう仕組みだそうです。遠赤外線とはほんわりあったか、体にも良さそうに思います。

ご家族が代理店の方にマキ割りの方法も教えてもらってい ましたが、家庭にたまった杉の箱なんかも再利用しようかなとおっしゃってました。お空に伸びる煙突を見て排煙についても気になりましたが、最近は、ちゃん と規制に則った新式のシステムになっていて、二次燃焼させることで、排気の出る率が本当に低く保たれているものも多いとのことです。

煙突 自然にも、人体にも優しいのであれば、いいとこずくめですね。こんな木とともに暮らすスタイルもあるのだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

シモツケ:ゴールドフレーム【落葉・低木】

       

シモツケ:ゴールドフレーム シモツケのゴールドフレームという品種です。名前の通り、葉の色が明るい黄色がかった感じで、綺麗です。また、花期が長いのが特徴で、終わったかなと思うと、また綺麗に咲いてきてを繰り返して、初冬まできれいに咲いています。花色もピンクでとっても愛らしいお花です。

シモツケ:ゴールドフレーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

オタフクナンテン【常緑・低木】

       

オタフクナンテン これからお正月に向けて、出荷最盛期を迎えるオタフクナンテンです。常緑樹ですが、冬の寒さで葉が赤くなる低木ですが、もうそろそろ赤い葉が目立つようになってきましたね。

オタフクナンテン12月中旬には、オタフクナンテンの葉は、このくらい赤くなります。おめでたい雰囲気も出て、冬の庭を明るく飾ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

植栽プラン

       

土壌改良

今 日は植栽プランをしたお客様のところで、植え込みの準備をしてきました。粘土や砕石が多く、中々一筋縄ではいかないということで、庭木を植える箇所の土の 改良から入りました。もうすでにアプローチ煉瓦をはってある脇にずっと木々を植えこみたいので、手掘りで丁寧に土の入れ替えをしました。小雨が降ってまし たが、無事完了。明日以降お天気を見ながら、木々を植えこんでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

ゴルドニア【常緑・高木】

       

ゴルドニアの花 ゴルドニアの花がきれいな季節です。今年もひとつひとつきれいに咲いています。

ゴルドニアは、台湾ツバキともいい、白いツバキのような大きな花が咲きます。たくさん蕾がついて、冬の間、ひとつ咲いて落ちては、また次が咲きというように、順々に咲いていくのが特徴です。冬に花を切らさないのが、とても嬉しい樹木です。

ゴルドニア こんなにつぼみがたくさんついているので、次はどの蕾が開くかなと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

シラキ【落葉・高木】

       

シラキ株立 現在、シラキの紅葉がきれいです。1本でもボリュームが出ると思われる株立ちをご要望の方が多いですが、シラキの場合枝ぶりもいいので、単木でも十分存在感があります。
シラキ紅葉

大きな葉ですが、夏の葉やけにも強く、秋にこのようなきれいな紅葉が見られます。
根鉢が大きいので、配送できるのはこれより小さな1.5mの株になりますが、お庭に1本紅葉がきれいな木を植えたいという方に、喜ばれる樹木です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

常緑ヤマボウシ:月光【常緑・高木】の実

       

常緑ヤマボウシ:月光 常緑ヤマボウシ:月光の実がたくさんついているので、ひとつ割ってみました。

常緑ヤマボウシ:月光  このくらいの大きさで、中はオレンジっぽい黄色です。ブルーベリーやさくらんぼなんかと比べて結構大きいです。ほこっとしたというか、ちょっとくりくりし た感じで甘くて美味しいですよ。今は出荷の最盛期ですが、1本でも楽しめますので、お送りしたお客様の所でも楽しんでいただけているといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

オリーブ【常緑・高木】

   

    実がつく木がいいということで、実がなる木は、品種を問い合わせされる方が多いです。例えば、オリーブもそのひとつ。

2本ないと実がつかないかどうかは、その環境によっても変わります。お客様ご自身で植えられなくても、ご近所に同じオリーブを植えていらっしゃる方がいれ ば、実がつくこともあります。その範囲、2m以内なら、その種が届くと言われています。それでもどうしても実がつかないと困るという場合には、品種指定を してご購入いただくことも可能です。定番では出してなくても、今なら、オリーブ:ネバディロブランコ
ネバディロブランコと
オリーブ:ルッカ
ルッカという品種のものが、ご指定いただけます。

一般的には、園芸品種と違って、果樹の品種ものは樹形が暴れているものが多いです。果樹の場合、その品種改良が実付きの良さや大きさに重きを置いてされる ので、庭木の品種ものとは若干用途が異なります。きれいな庭木を植えたいか、あくまでも樹形にこだわったシンボルツリーを植えたいか、その点だけはっきり 決めてご購入されると楽しいお庭計画が練られるかなと思います。

ちなみに、こちら実生といって種から育てているもので、親の品種を受け継いでいないため、品種なしとなりますが、樹形はまっすぐ整っており、綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

ヒメシャリンバイ【常緑・低木】

       

ヒメシャリンバイ ヒメシャリンバイが狂い咲きしています。昼間少し暖かくなったりしているので、春の陽気と間違うのですね。地球温暖化の影響も出ていて、常緑樹化する落葉樹の葉もあるそうですよ。ヒメシャリンバイは、この後寒くなって、すぐに花を落としてしまうのは残念ですが、やはり一度冬を経験した後の春の花が一番自然で美しいので、来年の春まで待ちたいと思います。ヒメシャリンバイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

アベリア:コンフェッティ&ホープレイズ【常緑・低木】

       

アベリア:コンフェッティとホープレイズ こちらアベリアのフイリもの2種類です。アベリア:コンフェッティが、斑入りで葉がピンクを帯びたもの。アベリア:ホープレイズが同じく斑入りで葉が黄色がかったものです。アベリア:コンフェッティとホープレイズ片方だけで統一感を出すもよし、両方を並べて植えて、彩りを楽しむもよし。洋風のお宅のシンボルツリーの足元に置くのもおしゃれです。

アベリア 寄せ植えで植えられる際には、最初少し寂しくても、このくらい間隔を取って植えて、成長後に備えます。最初から混んで植えてしまうと、後々間引きする必要がでてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

アセビ【常緑・低木】

       

アセビ こちら、常緑樹・低木ですが、しっかり存在感を発揮してくれるアセビです。こちら、今なら大きいサイズがあり、これなら低木のシンボルツリーとしてもいけるしっかりとした樹形です。

アセビ 来年の花芽もたくさん出てます。ツツジ科のアセビは、花付きがとてもよいので、春の時期にはとてもきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

ジュンベリー(ジューンベリー)【落葉・高木】

こちらも人気のジュンベリー(ジューンベリー)です。オレンジ色の紅葉が少しずつ始まってきて、綺麗です。ジュンベリーは丈夫な木なので、夏の間も出荷可能ですが、やはり秋以降が移植適期です。

ジュンベリー この丸っこい葉っぱが可愛いですよね。ジュンベリー(ジューンベリー)は、落葉樹の高木で、別名をアメリカザイフリボクといいます。日本原産のザイフリボクもありますが、こちらは日本の四季に合わせて、春にお花を咲かせて秋に実をつかせます。アメリカザイフリボクの名前を持つジュンベリー(ジューンベリー)は、その名の通り、アメリカ原産で、春のお花の後、秋を待たずに、6月にすぐに実をつかせます。秋には、実ではなく、紅葉に専念する感じですね。原産地の違いで、実のつく時期が変わるというのはおもしろいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

ナツハゼ【落葉・小高木】

ナツハゼ こちら、現在の状態のナツハゼです。紅葉が早く、夏の終わりから葉の色が変わってきて、もう落葉が始まりました。

ナツハゼ 日本のブルーベリーとも呼ばれ、可愛い実がいくつもついています。海外から入ってくる樹木は、花や実の時期が様々ですが、昔から日本にある木は、日本の四季の気候に合わせて春に花が咲き、秋に実がつくものが多いです。ナツハゼの実は、ジャムや果実酒で楽しめます。

また、あまり大きくならないのも、魅力的。最近の日本の家屋のお庭にぴったりの大きさです。ここまで育っているものなら、樹形も綺麗で、楽しんでいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

コハウチワカエデ【落葉・高木】

       

コハウチワカエデ【落葉・高木】 人気のコハウチワカエデも、数は少ないですが入荷してきました。通常11月後半まで待っていただくことが多いですが、今年は、もう出していくことができます。

コハウチワカエデ【落葉・高木】 コハウチワカエデは、落葉の高木で、葉の大きさがハウチワカエデの半分程度と小さいのでこう呼ばれていますが、全く別種です。 ぽってりした小さな葉、切れ込みが細かくて、ハウチワカエデと比べると、かわいらしい印象になります。 透明感のある緑の葉は夏に心地よい木陰を作ってくれます。 秋には日当たりの具合によって、黄色から赤色まで幅をもって紅葉をします。

和風のみならず、洋風のお宅にもマッチしますので、若い方にも人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

ツリバナ【落葉・小高木】

       

ツリバナ 大人気のツリバナも、落葉が少しずつ始まってきて、移植適期に入ってきました。出荷再開いたしまして、ただいまこんな感じです。

ツリバナツリバナは、 落葉樹の小高木~低木で、その花や実も人気の理由のひとつですが、繊細な枝ぶりがとても魅力的な庭木です。以前から風情ある木ということで、ご年配の方に は人気でしたが、最近は若いご夫婦が新築のシンボルツリーとして、お求められることも多いです。洋風なお宅にもおしゃれな感じで合うのと、あまり大きくな り過ぎないのがよいようです。

移植後は、花を咲かせることよりも、根を張ることに集中するため、移植後の最初の春は花を咲かせないことがありますが、1年半くらいでだいたい新しい土地に根を下ろします。再来年の春~夏に、お客様のところで、綺麗な花や実をつけてくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

ナツツバキ(シャラ)【落葉・高木】

       

ナツツバキ(シャラ) こちら、今のナツツバキの様子です。いよいよ紅葉してきましたが、根切りをしたので、少し落葉が進んでしまいました。それでも、紅葉が綺麗ですよね。堂々としたこの秋の姿、やはりシンボルツリーにふさわしい庭木です。

ナツツバキ(シャラ) ナツツバキは、別名、シャラともいい、落葉樹の高木です。紅葉も綺麗ですし、この後、落葉してもその株立ちの樹姿が美しいのが、人気の理由のひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

シャシャンボ【常緑・低木】

       

シャシャンボ 実つながりで、今日はシャシャンボという庭木をご紹介してみたいと思います。今の状態はこんな感じ。10~11月に結実を迎えますが、今も実がたくさんついています。ブルーベリーの仲間なので、食べられる実です。

シャシャンボ シャシャンボは、常緑の低木ですが、春の芽出しと冬に、赤っぽい葉が出てきて、その姿もとてもきれいな庭木です。

最近のお宅は、駐車スペースを複数台用に広くとり、その脇に植栽用に少しだけ土を残すようなデザインをする場合がありますが、そういった場所にもきっちり 収まるサイズです。低木でも1.5~2mくらいにはなりますので、大きくなり過ぎる樹木はやめたい、でもある程度樹高が欲しいという場合に、とても喜ばれ るサイズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

フェイジョアの実【常緑・高木】

       

フェイジョアの実 フェイジョアの実の季節がやってきました。こちらのフェイジョアの木、2mくらいの大きい木で根鉢も大きく、たくさん実がなってます。

フェイジョアの実 大きさは手のひらに乗せると、これくらいのサイズです。色が変わるということはなく、この色で十分食べられます。

フェイジョアの実 切るとこんな感じ。ほのかに柑橘系の香りがして、甘酸っぱくて美味しいです^^ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

ヒメイチゴ【常緑・低木】

       

ヒメイチゴ、イチゴノキ こちら先日出荷のヒメイチゴです。別名イチゴノキともいいます。

ヒメイチゴ、イチゴノキ ヒメイチゴは、お花と実が同時に楽しめる樹木ですが、まさにその時期がもうすぐやってきます。蕾と緑色の実が目立つようになってきました。1本でも実を楽しめるのがいいですね。コロンとしたこの実が、お客様の所で赤くなって、喜んでいただけるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

シロヤマブキ【落葉・低木】

       

シロヤマブキ シロヤマブキの今の様子です。出荷のため、落葉期より少し早く掘り起こすと、このような感じで自分で葉を落として、落葉期を作りだします。

シロヤマブキ シロヤマブキはヤマブキと違って、一重の花がきれいな樹木です。八重のお花が好きという方もいらっしゃいますが、八重のお花をさかせるものは種が作りだせないため、実がなりません。シロヤマブキは一重のお花で可愛い実もつけます。シロヤマブキ実 一重のお花を楽しみながら、実を楽しめるシロヤマブキ、いいですよね。

来年の春が楽しみです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

11月のお庭のお手入れ方法

   

     今月も、11月の庭木のお手入れ方法をお伝えしたいと思います。よかったら、参考にしてみてくださいね。

 11月は、日に日に寒さを増し、後半には落葉樹が葉を落として、落葉期に入りますね。こうなってくると、本格的な移植シーズンの到来。極寒期を除く、今 から春の芽だし時期までの間は、移植の好機です。落葉期は葉がなくなんとなくイメージが掴みにくいかもしれませんが、迎え来る春に、綺麗なお花や若葉の芽 吹きを見るためにも、今のうちにお庭の手入れをしっかりしておきましょう。寒地性の針葉樹にも、もちろん適期です。

 また、秋に結実を迎えた庭木をお持ちの方は、果実を収穫してその種子をまいてみるのも、面白いかもしれませんね。種を蒔く際は、果肉をつぶしてよく水洗 いをしてください。春に蒔いた方がいいものは、乾燥させないようにした状態で貯蔵しておいて、時期が来たら蒔きます。いずれにしても、庭木は草花と違って 発芽までに時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

 葉が茂っていない落葉期は、害虫の卵やまゆを見つけやすい時期です。そもそもの樹木の美:枝ぶりなどを楽しみながら、丹念に探してみるといいでしょう。 見つけた場合には、被害枝を取り、処分しておいてください。お子さんがいるとちょっと可哀想と思ってしまうかもしれませんが、ミノムシも全部取ってしまっ てくださいね。

 10月~11月は、多くの宿根草の根の成長期です。こちらも植え替えや株分けの適期でもありますので、庭仕事のやることの多い季節ですが、秋の気候を楽しみながら、お庭に手を加え、素敵な春を迎えられるようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »