« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

ハクサンボク【常緑・低木】

       

ハクサンボク こちら先日出荷のハクサンボクの80㎝です。もともと低木なので、80㎝ですと、結構貫禄があります。

ハクサンボク ハクサンボクは、 常緑樹の低木ですが、玄関脇など、高木になってほしくない場所に、小高木シンボルツリーとしても使っていただくことができます。艶やかな常緑の葉っぱが魅 力です。また、この時期ですと、実のついている木も多いですね。秋のこの時期に真っ赤なこの実は緑に映えてとてもきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

マルバノキ【落葉・小高木】

       

マルバノキ こちら先日出荷のマルバノキ150㎝です。根を切ると、葉が一部落葉して少なめになることが多いですが、来年はたっぷり紅葉を楽しめるように、お客様のお庭で今からじっくり根づかせてもらえるといいなと思います。

マルバノキの芽 ただ、このマルバノキ、花芽がたくさんついてますので、来月にはお花が楽しめそうですね。つんとしたのが来年の葉芽で、丸く膨らんでいるのが今年の花芽です。同じマンサク科のトキワマンサクに似た濃いピンク色の花が咲きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ハイノキ【常緑・高木】

       

ハイノキ もうすぐ出荷予定のハイノキ120㎝で、根鉢を作ったところです。見かけどおり繊細なハイノキは酷暑の間は待っていただく場合もありますが、これからが移植適期、寒くなっても植え付け大丈夫です。

ハイノキ しなやかな枝ぶりと細かい葉が魅力で、とても人気があります。少し小さいですが、安定し始めたころの120㎝を、毎年本数限定で用意しています。洋風にも和風にも合うと喜んでいただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

出荷準備

       

出荷準備  10月も後半になり、出荷用の樹木が増えてきました。樹木屋サイトの訪問者数も1日平均1200人、お問い合わせも増えてます。ありがとうございます。お 返事が一部遅くなる場合がありますが、できるだけ早くお答えできるように、スタッフ一同頑張ってますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

サラサドウダン【落葉・低木】

       

サラサドウダン お問い合わせの多い、サラサドウダン。現在このくらいの高さですが、ご希望のお応えして、若干小さいですが、0.8mを出すことになりました。

サラサドウダンは、 落葉の低木で、5~6月、枝先にスズランに似た小さな花を沢山咲かせます。 風に吹かれて揺れる花がとてもかわいい庭木。 秋には燃えるような鮮やかな紅 葉が楽しめます。 灯台の形をした花に、更紗模様のような赤い縦縞が入るので、更紗ドウダンとの名がついています。 花の形を壺にたとえ、口の部分が赤い 様子から、口紅更紗ドウダンと呼ばれることもあります。  ドウダンツツジのように枝が密にはなりませんが、比較的樹高が低いので、生垣などにもおすすめ です。 紅葉は秋の気温が低く、朝夕の寒暖の差が大きい年ほど鮮やかになります。

サラサドウダン春にはこんな可愛いつぼみをたくさんつけます。秋のみならず、春も楽しみですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

マルバノキ【落葉・小高木】

       

マルバノキ ずっとお待ちいただいていた、大人気のマルバノキの出荷を再開しました。夏からお待ちいただいていたみなさん、大変お待たせしました!

マルバノキマルバノキの紅葉も少しずつ始まっています。 真っ赤になったマルバノキもいいですが、このくらいのアンニュイな感じの色も可愛いですね。葉が大きいので、グラデーションがよく分かります。

これから紅葉がすすみますが、そのあと落葉した11月後半以降~春までのの植え込みが適期になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

植木鉢(藍鐘)【ガーデングッズ】

       

植木鉢 最近植木鉢のご相談もよくいただきます。どのくらいの鉢に植えたらいいですか?そんな大きな鉢なかなかないですね・・・などなど。13号以上の大きなものはなかなか園芸店では見つけにくいですね。

植木鉢 ただ今、キャンペーンで、こんな植木鉢(藍鐘)を特別ご奉仕してます!特別に鉢職人さんに焼いていただいた、大き目の植木鉢です。直径47㎝もあるので、少し高めの木も、寄せ植えも大丈夫です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

ハナミズキ【落葉・高木】

       

ハナミズキ シンボルツリーに植えたハナミズキの葉の色が変わってきました。秋ですね~。

ハナミズキは、落葉樹の高木、シンボルツリーに適した木で、秋の実と紅葉が同時に楽しめて、この時期赤がとても印象的な庭木です。春のお花もとても可愛いですが、秋の姿も堂々としています。シンボルツリーにぴったりな所以ですね。ハナミズキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

ザクロの木【落葉・高木】

       

ザクロ10月も半ばを超えてきて、お庭で過ごすのが気持ちいい季節になってきました。それに伴い、庭木のご相談もさらに多くなりますが、やはり、お庭に1本、実のなる木が欲しいと言うのが、シンボルツリーの次に多いですね。

ザクロ 今ちょうどザクロの木の実が色づいてきています。種子の多さで、昔から子孫繁栄、生命のシンボルとされていたザクロ。 新緑の緑に映える赤い花は、散った後も星型の「ガク」が幾何学的でとても綺麗です。果実は熟すと皮が裂けて果肉が見え、独特の姿となります。酸味と甘みをあわせ持ち、美容と健康に効果的。新築にこんな木もあったらいいなぁと言っていただける1本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

レモンの木【常緑・低木】

       

レモンの木 レモンの木の実が大きくなってきています。こんな時期に、レモンの木が欲しくなる方がやはり増えますね。

5月には小さな白い花が咲き甘酸っぱい香りでいっぱいになります。10~12月は収穫も楽しめますし、そのまま残しておいても、ずっと実が残るので、観賞用にももってこいです。
外国産のレモンは、スーパーで安く手に入りますが、自宅のお庭で育てた無農薬のレモンなら、お料理にも安心して使えますね。無農薬ならば皮ごと使ってご自宅でマーマレードなどのジャム作りも楽しめます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

常緑ヤマボウシ:月光【常緑・高木】

       

常緑ヤマボウシ:月光 今、常緑ヤマボウシ:月光もたくさん出荷しています。10月の気候のよいうちに、常緑樹のシンボルツリーを植えてしまおうと考えられる方が多く、実際、その通り、今が一番いい時期です。

常緑ヤマボウシは、常緑樹のシンボルツリーに適した高木で、 花、実、光沢の葉と一年を通して楽しめる花木として、人気上昇中のヤマボウシです。 常緑の葉は寒さで赤銅色に変わり、独特の雰囲気に。 落ち葉などが嫌 で、どうしても常緑樹が良いという方にはおすすめです。 花は一般的なヤマボウシよりやや小さめですが、開花期には木全体が真っ白になってしまう程、花付 きが良いのが特徴です。。 月夜に照らされて浮かびあがる姿はとても幻想的。 繊細な葉で品のある姿は玄関前などに植えて四季の変化を楽しんでください。

常緑ヤマボウシ:月光もうすぐ、銅葉の時期がやってきます。お庭に緑+αの色が入るのもいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

ベニシダレモミジ【落葉・低木】

   

    「ベニシダレモミジを植えましたが、葉に元気がない気がします。植える際に、土を掘ったら、粘土質で土が掘れず、腐葉土を高く盛り高植えにしました。大丈夫でしょうか?」

実際にお問い合わせいただいた内容です。
葉に元気がないという状態には色々ありますので、まず、お写真を送っていただき確認しています。こちらのお客様の場合、そこまでの緊急性を要しませんでしたが、元気がない状態が続いているということで、この秋のよい季節に植え直しもご検討いただきました。

まず、土が粘土質で土を高く盛って高植えにするという方法は、一般的にとられる方法で、問題ありません。ただ、高植えにする際に、しっかり水鉢を作ってあ げる必要があります。水鉢を作るというのは、水やりをした際に、しっかり根鉢の上に水が溜まる状態の土の壁を丸く作ってあげるということです。これが不十 分だと、水が横に流れてしまい、雨水はホースの水がかかっても、根鉢に深く浸透しません。

次に、気になった部分は、腐葉土だけを高く盛って高うえを作られたという点です。市販の腐葉土は肥料がたくさん混じっているものもあり、腐葉土だけで木を 植えると、肥料やけしてしまう可能性があります。何でもあげ過ぎはよくありませんね。土は、自分の土地にあるものを半分~3分の2、残りを腐葉土くらいに してやってちょうどいい具合です(当店では植え方マニュアルをお客様にご用意しています)。その土地の土にならしてやるのが、やはり一番いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

クロソヨゴ【常緑・高木】

       

クロソヨゴ この時期、出荷の多いクロソヨゴ。やはり、寒くなる前に常緑樹のシンボルツリーを植えてしまいたいとの思いが強いようです。

クロソヨゴは、常緑樹のシンボルツリーに適した樹です。ウシカバとも呼ばれていますが、ソヨゴよりも幹が黒っぽいことからクロソヨゴと呼ばれます。
幹だけでなく、ソヨゴの葉のふちが全縁で波打っているのに対して、クロソヨゴの葉は、上半部が浅く鋸歯になっており、葉の形でも見分けることができます。
自生地が限定されていれるので、希少性の高い樹種です。

気候のよい今、お客様のところで、新しい土に慣れて行ってくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

ニシキギ【落葉・低木】

       

ニシキギ 秋も深まってきました。紅葉のきれいな樹が欲しくなる時期ですね。

こちら、ニシキギと言います。落葉の低木で、秋の紅葉が美しいことから、錦木という名がついたほどです。枝にコルク状の翼が発達するのが特徴です。寒さに強く管理もそれほど必要なく育てやすいのが嬉しいです。萌芽力があり、生垣に使うのもよいです。

ニシキギ 後、1か月ほどで、こんなに赤くなるとは信じられませんね。でも、本当に美しく紅葉します。楽しみですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

常緑ヤマボウシ:ヒマラヤヤマボウシ【常緑・高木】

       

ヒマラヤヤマボウシ こちら週末にお客様にお届け配送しましたが、ヒマラヤヤマボウシです。昨日から急に寒くなってきて、本格的な秋だなという気がしますが、それまで暑かったからか、まだお花がちらほら咲いている木でした。

ヒマラヤヤマボウシ ヒマラヤヤマボウシは、 常緑樹の高木で、常緑ヤマボウシの種類の中の1つの樹種です。常緑樹がよいけれど、お花も楽しみたいという場合、また、2本目の常緑樹として木が植えたい というご相談も多く、常緑ヤマボウシをお勧めしてます。夏に花付きの良い花姿を見せますし、また、秋から冬にかけて葉が銅葉色に変わって、お庭に色の変化 をもたらします。ヒマラヤヤマボウシ

お客様の新しい土地に根付くまで約1年半かかりますが、1年か2年半後の初夏に、綺麗なお花を咲かせてくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

10月のお庭の手入れ方法

   

     10月は、徐々に気温も下がり、特に日本の秋は、からっとした過ごしやすい季節に入ってきますね。平均気温も、鹿児島でも20.8度、札幌では11.3度まで下がってきます。

 そんな中、庭木は生長を止めて休眠期に入ってきて、落葉樹は葉の色を変え始めます。また、温度変化に伴い、樹液の移動が緩慢になるので、移植をしても植 え傷みが少なくなるため、一般的に「移植の適期」と言われています。この適期は、落葉樹の落葉期の間はしばらく続きますが、常緑樹はあまり寒い時期の移植 は向かないので、極寒期に入る前のこのくらいの時期に常緑樹は済ませておくのがよいでしょう。

 また、日本の秋は季節もよく、お庭に出るのが気持ちよい季節ですから、ガーデニングにとっても適期の季節といえるのではないでしょうか。夏の間暑くてお庭に出られなかった方は、夏の疲れをとるようにお庭も手入れをしてあげると、樹木も喜びます。

 肥料のやり方は、木によって色々違うことが書かれており、難しく感じる方も多いですが、春と秋に、油粕や鶏糞などを与えておけば、おおよそ問題ありませ ん。油粕は、大豆やアブラナ・アマなどの種子から油をしぼりとった残りのかすで、肥料や家畜の飼料用に使われています。有機質肥料を与えていると土壌が柔 らかくなりますが、特に鶏糞はその効果があります。秋の施肥は、寒肥(冬の寒い時期に肥料を与えること)を補うこともできます。

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。参考にしていただいて、楽しいガーデンライフをお過ごしくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »