« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

ヒメイチゴ【常緑・低木】

   

    「冬でも花が咲く低木の常緑樹を探しています。」この時期、やはり常緑樹でご相談をいただくことが多いですが、冬のお庭のことを考えて、庭木をお探しいた だくというのは、とてもいいことだと思いました。ご近所で綺麗なお花を見かけて、こういう写真のものが欲しいという問い合わせもいただくのですが、やはり 時期としては、お花が咲く前に植えるタイミングとしてご相談いただくと、庭の将来設計的にもとてもよいものです。

ヒメイチゴそこで、今回は、ヒメイチゴをご紹介してみました。ヒメイチゴは、冬にお花と実が同時につく貴重な木です。一年前に咲いたお花の実が今年つき、同時期に来年の実のための花が咲きます。今の写真からは想像がつかないですが、こんなお写真も一緒にお送りさせていただいて、ご検討いただきます。ヒメイチゴ 実はイチゴの小さい版のような形ですが、そのまま食べるより、ジャムなどにすることが多いです。お客様と色々なことを一緒に考えるのは、いつも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

ギンバイカ【常緑・低木】

       

ギンバイカ【常緑・低木】ギンバイカの蕾があと一息になってきました。小さな苗木でもたくさん清楚で可愛い花を咲かせるので、人気の植木です。7月目前、これが咲くと、夏本番だなと思います。

ギンバイカ【常緑・低木】 先日納品したお宅でも、これだけ蕾がついていれば1年目からお花を咲かせるのは間違いありません。楽しみだなと思いながら出荷しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

キンマサキ【常緑・低木】

       

キンマサキ 先日、写真どりのため、農園に行ってきました。とても蒸し暑かったですが、でも木々はイキイキ。自然の中にいるってやっぱりいいですね。空気がとてもきれいです。また、写真を紹介していきますね。こちらは、キンマサキが整然と並んでいる農園です。

最近、生垣のニーズが高まっています。根を張るため、ブロックのように倒れて危害が起こりにくいことと、やはり環境にいいということです。道路との間やお隣との間に目隠しをするなら、木々でしたい。そんなお声をよくいただきます。
キンマサキ
フイリはやはり人気で、シルバープリペットなどの生垣も多いですが、やはり昔からあるキンマサキは 優秀です。キンマサキは常緑の低木で、もともとマサキの仲間は海岸近くに自生していたので、雨風にも強く、家を守る防壁としての機能もばっちりなのです。 半日陰でも良く育ちます。刈り込みに強いのでスタンダード仕立てにし、お庭のフォーカルポイントとして使うのもお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

ベランダガーデニング01

       

ベランダガーデニング  今日は、最近お問い合わせが多い、マンションのベランダガーデニング用に、寄せ植えセットを作りました。マンションでしたら、低木に下草を組み合わせた寄 せ植えでも、可愛いです。地植えなら、低木と言っても2mくらいになりますが、鉢植えで根制限された状態であれば、そこまではいかないでしょう。

ベランダガーデニング おすすめの組み合わせは、こちら。シルバープリペット、アベリア:エドワードゴーチャ、ギボウシ:オーガストムーンを2つ。

ベランダガーデニング ベランダに緑があるっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

ユリとカタツムリ

       

カタツムリ 今日は満開のユリにカタツムリがついていたので、思わず撮りました。ブログに載せないのはもったいない・・・^^ ちなみに、ベビーカタツムリも昨日今日とたくさんみつけました。たくさん、生まれるのですねぇ・・・きっとこの子もお母さん^^

ユリユリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

ナンテン【常緑・低木】

       

ナンテン ナンテンの蕾が開いてきました。

ナンテンは、南天竹とか南天燭に由来したものだそうですですが、音読みが「難転」に通じることから縁起木とされていますよね。そのせいか、本当にどこのお 宅の玄関口にもよく見られます。実の時期にもそう思いますが、この時期お花が咲くのを見ても、日本人が必ず家に一本は植えたい木なのだなと思います。

ナンテン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

シモツケ【落葉・低木】

       

シモツケ シモツケの花がとてもきれいに開花してます。

花そのものに派手さはありませんが、5㎜程度のかわいらしい小さな花が群がるように咲きます。 花からは細い糸のような雄しべが長く伸びて花全体を覆って いて、まるで朝靄の中で咲いているようです。 花色は普通は淡いピンク色ですが、濃いピンク色、白などもあります。 また、最近では新芽が赤から明るいラ イム色の葉が美しい品種もあり、人気が高まっています。

シモツケシモツケ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

サンゴカクモミジ【落葉・高木】

サンゴカクモミジ
今日は、モミジをひとつ紹介しようと思います。モミジといっても、幹の赤いサンゴカクモミジ。柔らかい若葉の色と幹の赤い色が相俟って、本当にきれいで す。1本こういう樹を庭に置くと、ぐっと引き締まりますね。モミジは勿論秋の紅葉は綺麗ですが、春から夏のこの時期の柔らかな葉も、とても美しく好きです。
ソヨゴやハイノキなどの常緑樹と一緒に、幹の赤いこの樹を植えていただくことになりました。

サンゴカクモミジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

ヤマボウシ【落葉・高木】

       

ヤマボウシ:ベニバナ
ヤマボウシがきれいに咲く時期となりました。ヤマボウシが咲くとまた6月がきたなって思います。こちら、ベニバナ品種のヤマボウシ:サトミです。

お花はハナミズキに似ていますが、樹形が株立ちなものが多いことと、お花の咲く時期が夏なのが、まず決定的に違いますね。
ヤマボウシ:ベニバナ

先ほどから「お花」と描きましたが、正確に言うと、このピンク色の部分はお花の花びらとは違うのですよね。お花のように見えるのは、総苞(つぼみを包んで いたもの)で、実際の花はこの中心にある部分のみ、小さなお花が20~30個も集まっているのだそうです。でも、この総苞まで含めてお花と呼んだ方が分か り易いですよね。とてもきれいですし。花付きがいいのも、人気の理由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

ジュンベリー【落葉・高木】

       

ジュンベリー
ジュンベリーの 実が少しずつ色づいてきました。こうなってくると、ますます、6月(June)という感じです^^ お花もいいですが、こういう色づく実の赤もいいですよ ね。これから、段々深い赤色に変わっていきます。愛らしくて、庭木として人気があります。ちなみに、実食べられます^^

ジュンベリー

雨に濡れて、葉っぱもますます繁々といい色です。
ジュンベリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

カシワバアジサイ【落葉・低木】 満開

       

カシワバアジサイ
豪華にきれいに咲き誇りました~。カシワバアジサイです^^

カシワバアジサイカシワバアジサイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

カシワバアジサイ【落葉・低木】

       

カシワバアジサイ
カシワバアジサイのつぼみが開いてきました!とうとう、アジサイの季節がやってきましたね。

西洋アジサイで、また雰囲気が違うので、最近よく玄関ポーチの一番目立つ付近に植えられているお宅をよく見かけます。房も大きいですし、豪華に見えます。モダンで格好いいですね。葉っぱも独特な形。

カシワバアジサイ

花がしっかり開いたら、また載せたいと思いますが、今見る場合は こちら カシワバアジサイ へ どうぞ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

メタセコイア【落葉・高木】

       

メタセコイヤ

今日はメタセコイヤの新緑を!新緑の緑は明るく綺麗で、街路樹に好まれて使われます。この雨に濡れた姿はまた綺麗。樹形も綺麗に三角形ですよね~

メタセコイヤメタセコイヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

6月の庭木のお手入れ方法

   

     今年は梅雨に入るのがことのほか早かったですね!皆様、いかがお過ごしですか?では、6月の庭木のお手入れ方法です。参考にしていただけたらと思います。

 6月は、1年で一番湿度の高い時期ですね。じめじめすると、病害虫が発生しやすくなります。足元の枯れ葉は極力処分し、風通しをよくしてあげましょう。

 常緑樹の若葉も、柔らかいのを過ぎて段々固まってきますので、この頃に剪定してあげると、葉と葉の間に風を入れてあげることができます。生垣の2回目の 剪定も、6月中旬を過ぎた頃から7月にしてあげてください。暑い夏を前に、雑草取りもしてあげてください。とにかく通気に心がけ、爽やかな夏を迎える準備 をしましょう。

 水遣りは、梅雨の雨であげなくてもいいと安心しがちですが、葉からの蒸散も盛んな時期。空梅雨などで水不足になると傷みます。新梢の先端がたれ始めたら、水遣りをしましょう。

 雨が多く、湿度が高いこの時期は、植え付けの適期。何か植栽をと考えられている方は、今のうちにどうぞ。梅雨のうっとおしさを忘れさせるような、爽やかな樹木を植えて、庭を楽しみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »