« 「どんな木がよいかしら?」庭木のご相談 | トップページ | お祝い用のカード »

2011年2月 2日 (水)

2月のお庭の手入れ方法

皆様!おはようございます。今年が始まったばかりと思っていたら、明日はもう節分ですね。季節を分けると書くように、暦の上では、冬の終わりと春の始まりの時期です。私どもも、ロウバイやボケの花を見ながら、春が待ち遠しくなってまいりました。
何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談くださいませ。
では、今月のお庭のお手入れ方法をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月は、1月同様、まだ朝晩の冷え込みが厳しい時期ですが、節分を過ぎるともう立春です。この間に春のお庭の準備をしておくとよいですね。

まず、花壇で草花を栽培している場合には、いつまでも同じ土を使っていると病原や害虫が溜まったり、養分欠乏を起こしたりしてよい苗が育たない場合があります。この時期は土壌改良のチャンスです。そういった場所は、思い切って深く耕して上と下の土をひっくり返す「天地返し」をする、古い土と新しい土を入れ替える「客土」をする、堆肥や腐葉土などの有機物を施す、などの作業をこの時期に済ませておくとよいでしょう。

冬は種苗を入手するにもよい時期ですし、移植も適期です。新しい苗も出回りますので、気に入った苗を購入しましょう。根巻き苗は資材をはがさずそのまま、ポット苗はポットを取り外し、根詰まりしている根は少しほぐして植えつけます。風で株が揺れると活着が上手くいかないので、支柱を必ず添えてください。

これから一日ごとに昼が長くなり、既にお庭に植えてある樹木は休眠から覚め始め、根が養水分を求め始めます。春以降の生育を促すため、寒肥の作業を落葉樹に行いましょう。常緑樹の肥料は3月まで待ってください。水やりは、まだ、鉢土の表面が白く乾いたらあげる程度で大丈夫です。

室内で冬越しさせていた鉢は、温度の急上昇を防ぐため、日中に窓を少し開けたり、窓辺から少し遠ざけたりするなどの対応をすることも忘れないでくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

寄せ植えやハンギングなどを作られているというお便りいただきました。寒い時期なりの楽しみ方がありますね。また、皆様からも近況報告、楽しみにお待ちしております。
シンボルツリーで御馴染みの 【植木・庭木総合専門サイト】樹木屋 でした!

http://gardenshop.co.jp/

|

« 「どんな木がよいかしら?」庭木のご相談 | トップページ | お祝い用のカード »

アドバイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月のお庭の手入れ方法:

« 「どんな木がよいかしら?」庭木のご相談 | トップページ | お祝い用のカード »