« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

炭の家

       

炭の家

当店がお付き合いさせていただいている、ハウスメーカーさんは、炭の家というお家を作っています。家の1階と2階の間に、このような竹炭を敷き詰めます。 地産地消の竹酢工房の竹炭を使って、空気がとてもきれいな家を建てています。普段は、こちらのハウスメーカーさんの新築のお庭を担当させていただいており ますが、週末のオープンハウスで中をよく見せてもらっています。今日は、そこで使っている竹炭の袋の写真を、許可を得て、撮らせていただきました。3kg ずつに入った袋です。

お庭の手入れをする際に、既にこの炭の家に住んでいる家主さんとお話をする機会もあるのですが、みなさん、本当に気に入ってお住まいになられています。本 当に匂いがなくて、とても空気が澄んでいるのだそうです。「とっても、すてきだから、上がって行って」とお茶を出していただくこともありました。お水もお いしいんです。

住まいを計画され、仕上げていく段階で、時間を共有させていただくこと、本当に嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

室内花

       

室内花
先日に引き続き、こちらの花器にも、お花入れてみました。丸みのあるガラスの花器も、かわいいんです。
花がひとつふたつ家の中にあると、本当に、心楽しくなりますよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

マンションのベランダに2つ鉢を置きたいのですが、お勧めはありますか?

マンション鉢
「マンションのベランダに2つ鉢を置きたいのですが、お勧めはありますか?今のところ、2mのエレガンティシマを検討しています」というご相談をいただきました。

マンションですと、背に制限が出てしまうので、少し余裕を残して、最初は1.2-1.5mくらいの樹高のものをお勧めしています。その分の予算を鉢に回して、おしゃれにすることもできるし、やはりマンションベランダですから、ちょっと可愛い鉢で飾ってあげたいですねー。

また、庭木ですと、鉢に植えた状態でお送りするのは配送の関係で行っておりません。ただ、観葉植物は可愛い鉢への植え替えをして、既に植わっているものを お送りしています。観葉植物で、マンションのベランダの状況でも絶えられるものといえば、やはり、シマトネリコでしょう。観葉植物用のシマトネリコをテラ コッタ鉢に植えたものも、ご提案しました。
鉢

一番上の写真は樹脂制でとても軽い鉢です。マンションですと、やはり軽量鉢がお勧めです。また、マンションベランダや玄関前の通路は、意外と風が強く、鉢が倒れることがあります。台風の際にも動かす必要がある場合がありますし、鉢の下にコロコロのついた移動キャスターを置いておくこともお勧めしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

花のある暮らし

       

投げ込み
たまには、部屋の中の話題を。お外にはシンボルツリー、おうちの中にも何かグリーンを置くと、本当に心が落ち着きますよね。

もらった花束の花を、パートさんが綺麗にアレンジしてくれました。水に浮かべたり、倒しておいたり、花は表情を変えて、とっても綺麗です。私は、樹との組 み合わせも好きですし、また、ガラスとの組み合わせも好きです。室内ならではの楽しみ方。ガラスのボールを水に一緒に浮かべたりして、色々な楽しみ方、で きますよねー。

花投げ込み花投げ込み右

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

サンゴカクモミジ【落葉樹・高木】

サンゴカクモミジ こちら、先日納品の実物、サンゴカクモミジです。落葉していても、綺麗ですよねー。本当に惚れ惚れ・・・こんなシンボルツリーがお庭にあったらいいですね。
サンゴカクモミジは、シンボルツリーに適した、落葉樹の高木で、若い幹が赤く、さんご礁のように見えることが名前の由来です。芽吹きの、黄色に赤い縁取りのような色合いが特徴的。春から夏は葉の緑と赤い枝の対比が美しく、秋の黄葉も見事です。 落葉しても枝が綺麗に色づいているので一年中華やかな姿をお楽しみいただけます。

お客様のところで、ご家族で、四季を楽しんでいただけたら、いいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

ヤマボウシ【落葉樹・高木】

ヤマボウシ こちら、先日納品の実物、ヤマボウシです。本当に惚れ惚れする株立ちの井手達ですねー。2m強(根鉢含まず)ありました。こういう樹は、やはりなかなか園芸店ではお目にかかれないですねー。

ヤマボウシは、シンボルツリーに適した落葉樹の 高木で、白い蝶々のような花が美しく、大人気の樹木です。秋には小さなイチゴのような赤い実が熟し、甘くて食べることができます。春の白い実と秋の赤い 実、一つで二度楽しめるのも、オススメのポイントです!また、自然樹形も美しく、冬枯れの姿も、枝ぶりそのものが綺麗です。剪定の手間もさほどありませ ん。手間がかからないのも、人気の理由のひとつです。

春の芽だしと、お花が楽しみです。お客様のところで、ご家族みんなで楽しんでいただけるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

シラカシ【常緑・高木】

シラカシ 常緑
こちら、先日納品のシラカシです。冬枯れのお庭が寂しくなって、緑が欲しいというお客様に応えて、これくらい青々としたシラカシをご紹介すると、喜んでいただます。

シラカシ常緑樹の高木で、 公園や街路樹として植えられるいわゆる “どんぐりの木”です。光沢のある常緑の葉がよく茂るので防風や目隠し、生垣によく使われますが、こちらは株立ちなので、1本で美しい樹姿を見せてくれま す。シンボルツリーとして是非どうぞ。葉は明るい緑色で、夏には心地よい日陰を作ってくれます。秋になると縞々模様の帽子をかぶった、かわいいどんぐりが できます。

因みに単木のシラカシはこちらです。

冬も、夏も、秋も・・・それぞれ楽しめるっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

カラタネオガタマ【常緑・高木】

カラタネオガタマ こちら先日納品の実物、カラタネオガタマ サイズは120cmです。
真冬でも、これだけ青々とした緑がお庭で見られるのはいいですねー。

カラタネオガタマは、シンボルツリーにも使える常緑樹の高木で す。中国から江戸時代に渡来し、唐種招霊(からたねおがたま)と呼ばれています。香りがとても高く、バナナのような甘い香りが魅力です。木蓮科の樹木は香 りに定評がありますが、樹高が高いものが多く、中々身近で楽しめません。カラタネオガタマはさほど大きくなりませんので、自宅の庭でゆっくり楽しめます。 濃緑色で光沢がある葉は通年楽しめますので、落葉樹の間に常緑樹を挟み、冬のお庭を元気に見せるのもよいのではないでしょうか。

常緑樹は選択肢が少ないですが、このカラタネオガタマは、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

「スペース狭いけど大丈夫?」庭木のご相談

0101_fei_ha_0706 今日は、もう立春ですね。春に向けて新築の完成を待たれる方も多く、庭木のご相談が増えています。今日の午後も、庭木相談の回答に明け暮れていました。その中からひとつ。

フェイジョアを2本植えることを予定しています。600×2750のスペースです。条件は・・・・・という場所です。
1 スペースが狭いですけど、ちゃんと育ちますか?
2 根の張りが強くインターホン配管に巻きついたりしないですか?」

とのこと。

特に、空間に干渉するものがなければ、土の面積としては、問題ないと思います。
また、フェイジョアは、ケヤキなどと違って、根の張りはそこまで強くないので、配水管をやぶったり、巻きついたりということはないだろうと思います。
植える位置は、配水管のすぐ側のあたりをご希望ですか?可能であれば、配水管のすぐ上や横は避け少し距離を置くのはお勧めしますが、フェイジョアならほぼ大丈夫と思います。

と回答いたしました。ご自身のお庭や玄関先に、気に入った記念樹を植える。とても楽しい時間ですね。その一助になれるのが、本当に嬉しい今日この頃です。

シンボルツリーで御馴染みの 【植木・庭木総合専門サイト】樹木屋 でした!http://gardenshop.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

お祝い用のカード

Sn3l0405毎年、この時期、新築祝いなどの庭木の贈り物でのご注文が増えます。ご自宅を新築されて、3月または4月に入居される御両親やご子息娘様、ご友人の方々に、記念の記念樹をプレゼントされたいという方からの依頼です。

新しいおうちの中にインテリアをという方もいらっしゃいますが、エクステリア(外構)に、庭木というのも、しゃれていて素敵エスね。当店では、以下のような、手作りのものを、お届け先にお送りさせていただいています。

①お祝いカード(木の写真、ご本人からのメッセージや花言葉を記載したもの)
②樹木説明(ご注文いただいた木の特長やお手入れ方法など)
③樹木の植え方(用意するもの~植えつけた後数ヶ月の水遣り方法など)

本日は、3月の入居に合わせて、新居祝いのジュンベリーも出荷しました。落葉樹のシンボルツリーとして人気で、春も夏も秋も楽しめるとてもよい木ですね。お祝い時にとても人気があります。まずは春のお花が楽しみですね。

シンボルツリーで御馴染みの 【植木・庭木総合専門サイト】樹木屋 でした!http://gardenshop.co.jp/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

2月のお庭の手入れ方法

皆様!おはようございます。今年が始まったばかりと思っていたら、明日はもう節分ですね。季節を分けると書くように、暦の上では、冬の終わりと春の始まりの時期です。私どもも、ロウバイやボケの花を見ながら、春が待ち遠しくなってまいりました。
何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談くださいませ。
では、今月のお庭のお手入れ方法をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月は、1月同様、まだ朝晩の冷え込みが厳しい時期ですが、節分を過ぎるともう立春です。この間に春のお庭の準備をしておくとよいですね。

まず、花壇で草花を栽培している場合には、いつまでも同じ土を使っていると病原や害虫が溜まったり、養分欠乏を起こしたりしてよい苗が育たない場合があります。この時期は土壌改良のチャンスです。そういった場所は、思い切って深く耕して上と下の土をひっくり返す「天地返し」をする、古い土と新しい土を入れ替える「客土」をする、堆肥や腐葉土などの有機物を施す、などの作業をこの時期に済ませておくとよいでしょう。

冬は種苗を入手するにもよい時期ですし、移植も適期です。新しい苗も出回りますので、気に入った苗を購入しましょう。根巻き苗は資材をはがさずそのまま、ポット苗はポットを取り外し、根詰まりしている根は少しほぐして植えつけます。風で株が揺れると活着が上手くいかないので、支柱を必ず添えてください。

これから一日ごとに昼が長くなり、既にお庭に植えてある樹木は休眠から覚め始め、根が養水分を求め始めます。春以降の生育を促すため、寒肥の作業を落葉樹に行いましょう。常緑樹の肥料は3月まで待ってください。水やりは、まだ、鉢土の表面が白く乾いたらあげる程度で大丈夫です。

室内で冬越しさせていた鉢は、温度の急上昇を防ぐため、日中に窓を少し開けたり、窓辺から少し遠ざけたりするなどの対応をすることも忘れないでくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

寄せ植えやハンギングなどを作られているというお便りいただきました。寒い時期なりの楽しみ方がありますね。また、皆様からも近況報告、楽しみにお待ちしております。
シンボルツリーで御馴染みの 【植木・庭木総合専門サイト】樹木屋 でした!

http://gardenshop.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »