« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月21日 (金)

「どんな木がよいかしら?」庭木のご相談

Zumen_matsubara_01 この時期は、地域によって、植樹全然大丈夫というところもあれば、あれこれ考えて、2月くらいにお送りした方がよいとアドバイスする場合もあります。雪があまりに深いとか霜がよく立つという場合には、後10日くらい待ってもよいですねー。また、あれこれ考えるのが楽しかったりもします。

本日は、庭木の相談にいくつか答えました。例えば、、、
「以前送っていただいた○○はとても元気です。昨秋は紅葉も本当に綺麗で、春の芽吹きが楽しみです。さて、実は、今植えてあるカリフォルニアライラックの枝が雪で湾曲してしまってかわいそうだとは思っていたのですが、霜が毎日降りるせいか、昨春から弱り始めてしまい、どうも致命的なようです。代わりの木の植え替えを考えています。条件は、日当たり・・・・土・・・・・です。お花は好きですが、虫がつきにくく、樹高が高くなりすぎない木のお勧めはありますか?」というような、メールが届きました。
プランナーや生産と相談いたしまして、「マホニア:チャリティ、ハクサンボク、シャシャンボ、常緑ヤマボウシの月光」をお勧めしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

雪や霜の後・・・

201101181016000 昨日、ご自宅のお庭について、雪や霜の時に気をつけることを、少しだけアドバイスいたしました。

こちらはその翌日の本日の写真、雪のすごかった愛知県は、今このような状況です。こちらは、父がガーデニングを楽しむ玄関ポーチ&駐車場の写真ですが、現在育成中の苗がみんな雪に埋もれてすごいことに・・・。でも、うちの父は、長年畑野菜を楽しむ熟練者で、こんなことにはびくともしません。でも、だからこそ、木々や草花を甘やかさず、春に素晴らしい花々を咲かせます。この愛知の気候に慣れた、強い草花を育てます。これはこれで、素晴らしいことと、私も密かに感心しています。ですので、樹木屋の生産も、極力、ビニールハウスを使わず、外で庭木の苗を扱います。それが、一番!何故かというと、結局、その木々が、当店のお客様のところで、お庭に植えられるシンボルツリーだからです。シンボルツリーが、気候によって、ハウスに入れられり、日に当たるところに移動させられたりということはありません。あくまでも、長く丈夫に、そのお庭や玄関に長く植えられるものだから、そういう強い木々になるように、お客様のお手元に届くまで、自然の中で育てるのが原則と思っているからです。
201101181018001
さてさて、話が長くなりました。昨日我が家で退避させた寄せ植えのプランター、今朝、きちんと元の玄関外に出しました。今日はお天気がよくなりそうなので、日や風に当てないと・・・。植物にとっては、日と同じくらい、風通しは大切です。風が通らないと、枯れたり腐ったりします。こんな日にはしっかりお外に出してあげてください。冬の貴重なお日様ですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

雪や霜に注意!

Sn3l0723_2 こちら愛知県は、昨日より、記録的な雪でした。皆様の地方はいかがでしたか?

雪の積もる落葉樹はそれはそれで絵になりますし、常緑樹もそこそこの雪なら、緑と白の対象が綺麗です。ただ、これは随分根っこが根づいた木々の話。植え付け直後の庭木がお庭にあるようでしたら、雪を払ったりしてあげてくださいね。特に常緑樹は葉に雪が乗る分重くなりがちです。頭でっかちで根っこが張ってないわで、結構大変です。寒い地方では雪吊りを見ますが、ご自身のお庭では、支柱をしっかりしてあげたり、雪をはらってあげたりして、若い木を守ってあげましょう。

また、玄関ポーチなどに、お花の寄せ植えを置かれている方もいらっしゃるかと思います。元々草花は強いので結構大丈夫だったりもするのですが、まだあまり根づいていないプランターなどは、ちょっと退避してあげるのもよいかもしれないです。苗が傷んでしまうことがあります。うちは、植えたばかりのプランターは、雪を払って玄関中に入れてあげました。土が凍ってました。でも、もう今朝は元気でした。Sn3l0740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

新築植樹

Dsc01498_s先日、植え込みをさせていただいた、新築のお宅です。

冬ですけど、寂しくしたくないということで、常緑樹中心に植木を選んで植樹させていただきました。お隣との境界線に生垣を配置し、駐車場と建物の間、お隣様との境界線手前に、寄せ植えなどしました。

常緑樹中心なので、グリーンが大目ですが、そのグリーンに合うように、カラーを出すのに、赤い実たっぷりのクリスマスホーリーと、赤葉に燃えるオタフクナンテンとピンク色のシモツケを中低木で入れました。

お客様にも喜んでいただけたと思います。楽しい植樹でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ポインセチアの鉢カバー

Poinsetia_01 Poinsettia, Silverstar marvel with planter; 去年からのポインセチアにも、鉢カバーしてみました。「シルバースターマーブル(Silverstar marvel)」という品種のポインセチアです。職人さんに色だしをしてもらうため、色々お願いしていたところ、焼き色を試作した鉢です。意外と面白い模様になって、試作品だけど気に入りました。 シルバーマーブルに似合います!The planter is a good made as a sample for color, but I like it very much.  It match the color with Poinsettia leaves color.Poinsetia_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

室内の花の鉢カバー

Pap_0073 Flower Planters with Cyclamen persicum; 実家の母のシクラメンがものすごく綺麗に咲いたので、鉢カバーにするための鉢をプレゼントしてみました。藍色、黄土色、混色と3色あったので、全て合わせてみましたが、母は、この藍色が一番気に入りました。この藍色は、鉢の業界では、昔からある染め色ですが、他の色より高価ですし、最近は流行らないということで、あまり使用していなかったとのところを、当店がお願いして、鉢職人さんに塗ってもらった色です。

最近は若い人からのオーダー鉢は、黒特にマットの黒をご用命される方が多いです。でも、私が思うところでは、ピンクにこの藍色がとてもよく合うので、この色の鉢が実はお勧めなのです。花の色がボヤケルことなく、引き締まって、高級感が出ます。黒もいいですけどね、でもマットよりぴかぴかの光沢があるものも格好いいですよ。実際に花を合わせて鉢を買う機会は少ないので難しいとは思いますが、こうやって少しずつ写真で見てもらえたら、お客様も喜ばれるかなーなんて、思う今日この頃です。
http://www.gardenshop.co.jp/shopbrand/015/001/X/brandname/
Pap_0058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

寄せ植えプランター

Dsc00089_s Great artisan's work; 職人さんに手作りで作っていただいている鉢を販売しています。http://www.gardenshop.co.jp/shopdetail/015001000009/brandname/

こちらは「マット黒」の手塗り鉢ですが、若いお客様に人気があります。先日、配達したお客様が「寄せ植えしました」と声を掛けていただいたので、お宅まで拝見に行かせてもらいました。すごく可愛く作ってあって、本当に素敵でした。もっと作りたいので、今度は深緑の鉢をお願いしますとのこと。自分のセンスで小さなお庭を作る感覚なのかな。時間もかからないし。今人気の理由ですね。Dsc00083_s

~お知らせ~
昨年より、facebookを始めまして、そちらに毎日の記事書きを移行しております。そのテスト期間のため、しばらく、ココログブログを止めていました。申し訳ありませんでした。facebookは、mixyやtwitterのようなものですが、全世界的には一番多く活用されているソーシャルネットワークと呼ばれるものです。テストの試行期間の結果、日本人のみでなく、全世界の方に読んでいただけることが分かりました。facebookのIDをお持ちの方は、是非見てみてください。このまま、全ての記事は、facebookに掲載しますが、facebookはfacebook会員のみしか見られませんので、樹木に関しての記事は、ブログにも載せるようにいたします。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

明けましておめでとうございます;1月のお庭の手入れ方法

200912302259001 明けまして、おめでとうございます。よいお正月をお過ごしでしたでしょうか?今年は、本当におめでたい、よいお天気の三が日でしたね。私どもも、大変気持ちの良いお正月休みを過ごさせていただきました。今年もお庭について、何か困ったことがありましたら、いつでもご相談くださいませ。では、今月のお庭のお手入れ方法をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月は、ほとんどの樹木が休眠状態です。枝の芽は防寒のため、樹木自身が固い鱗片をまといます。特に落葉樹は、春に芽吹くために、この冬の寒さに当たることが必要なのです。地球温暖化が進む昨今、冬の暖かい日に、樹木が芽吹いたり、花を咲かせたりする“狂い咲き”を起こすことがありますが、そういうことを起こさないためにも、これを機会に家庭内で温暖化防止策を考えてみるのもいいですね。

水遣りについては、植え付け直後は別ですが、それ以外は、さほど水を要さない時期です。鉢植えなら週1度くらいのペースで、樹木の様子を見ながらあげましょう。庭植えも同様ですが、場合によっては、時折振る雨のみで、水遣りが不要です。とにかく根っこがずっと湿った状態はよくありません。表土が乾いたら水をあげるペースを掴みましょう。

肥料も、根の活動が鈍っているため、不要です。ただし、カエデ類は既に根が活動を始めています。寒肥を施してあげましょう。

移植については、土が凍てたり、雪が降ったりするような地方では少し様子をみますが、そうでなければ、落葉樹は作業ができます。乾燥した風を避けるため、作業後の風除けや支柱には注意をしましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます;1月のお庭の手入れ方法

200912302259001 明けまして、おめでとうございます。よいお正月をお過ごしでしたでしょうか?今年は、本当におめでたい、よいお天気の三が日でしたね。私どもも、大変気持 ちの良いお正月休みを過ごさせていただきました。今年もお庭について、何か困ったことがありましたら、いつでもご相談くださいませ。では、今月のお庭のお 手入れ方法をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月は、ほとんどの樹木が休眠状態です。枝の芽は防寒のため、樹木自身が固い鱗片をまといます。特に落葉樹は、春に芽吹くために、この冬の寒さに当たるこ とが必要なのです。地球温暖化が進む昨今、冬の暖かい日に、樹木が芽吹いたり、花を咲かせたりする“狂い咲き”を起こすことがありますが、そういうことを 起こさないためにも、これを機会に家庭内で温暖化防止策を考えてみるのもいいですね。

水遣りについては、植え付け直後は別ですが、それ以外は、さほど水を要さない時期です。鉢植えなら週1度くらいのペースで、樹木の様子を見ながらあげま しょう。庭植えも同様ですが、場合によっては、時折振る雨のみで、水遣りが不要です。とにかく根っこがずっと湿った状態はよくありません。表土が乾いたら 水をあげるペースを掴みましょう。

肥料も、根の活動が鈍っているため、不要です。ただし、カエデ類は既に根が活動を始めています。寒肥を施してあげましょう。

移植については、土が凍てたり、雪が降ったりするような地方では少し様子をみますが、そうでなければ、落葉樹は作業ができます。乾燥した風を避けるため、作業後の風除けや支柱には注意をしましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »