« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

システムメンテナンスのお知らせ

  ■■■ jumokuyaサイト ■■■    

    ご利用いただいております皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

 

作業日時 :7月31日(金) ~ 8月4日(火)の間、断続的

概  要 :システムメンテナンスに伴う、管理システムの計画的停止

(上記期間の内、システムメンテナンス作業中に、サイトが見られないことがございますが、8月5日(水)には恒常的に復旧できるものと思います。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

7月の庭木のお手入れ方法

暑くなってきましたね、学校も夏休みに入りました。樹木屋のブログも、今週より、少し夏休みモードに入ります。真夏の間は、特に高木の移植をお勧めしないため、納品した樹木の更新ではなく、お庭の手入れ方法やアドバイス、商品にはない農園の樹木の紹介などを中心に少しずつメッセージをお送りできたらと思います。毎日の更新は、秋より再開しますので、よろしくお願いいたします。

さて、本日は、7月の庭木のお手入れ方法について、お伝えしたいと思います。

 梅雨明けと共に、暑さが本格化してくるこの時期、水やりがポイントです。水遣りの方法のコツ、参考にしてくださいね。

 植えつけたばかりの樹木には、しっかり水をあげるのが鉄則です。1年~1年半でしっかり根づきますので、そこまでは表土が乾いたら朝か晩に水をやってください。さて、根づいた後、水遣りはどうしていくのがよいのでしょうか?梅雨が明けるこの時期、梅雨前に植えつけた樹木は、毎日雨水をもらってとても元気でした。ただ、これから段々、根を自分で伸ばして水までたどりつくように、鍛えていくのもよいでしょう。2年目の夏から、少しずつ、顔色を見ながら水遣りの間隔をあけていってみてください。毎日水をもらっている木は、根を自分で伸ばしていかなくても、すぐ近くに水があるので、根を伸ばさなくなってしまうのです。急に突き放すのはもちろんよくないですが、樹木の様子を見ながら水遣りの間隔をあけていくと、自力で水のあるところまでたどり着ける、強い樹木に育ちます。尚、樹形にこだわられる方は、水を毎日きちんとあげると、根が広がらないので、樹形も綺麗に保てます。

 なんとなく子育てに似てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

セイヨウニンジンボク

0202_sei_zen_50_090721本日は、セイヨウニンジンボクをご紹介します。セイヨウニンジンボクは、落葉低木で、こちらが先日納品したものの写真です。
暑い夏に清涼感のある花を長きに渡り咲かせる貴重な存在、この姿に元気付けられ、背筋がしゃんとしますね。自然な感じの井手達が人気の秘密でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

7月の金賞写真決定【ギンバイカ】

G0102_gin_zen_090619_akatuka7月の花と言えばギンバイカ、今年初めてお客様の所で花を咲かせたギンバイカの写真を今月の金賞写真として選ばせていただきました。ギンバイカは、常緑低木の樹木です。

カラーリーフやお花などと一緒に可愛く植えていただいて、とっても素敵です。お子様と一緒に楽しく水遣りしてくださっているとの報告、こうやって納品後の様子が分かると、本当に嬉しい限りです。

樹木屋では、お客様のところで育てていただいている樹木の写真を募集して、サイトに掲載しています。皆さん素敵に育てていただいてます。是非、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

シラキ

0201_shi_zen_1こちら、先日納品したばかりのシラキの写真です。シラキは落葉高木で、紅葉が綺麗なことで人気のある樹木ですが、紅葉前のこの時期の緑葉もとっても綺麗ですね。葉が大ぶりなので、紅葉は本当に見ごたえがありますよ。秋にお客様の所で、綺麗に紅葉することを心より願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

折れてしまったり枯れてしまったときの処理方法

「細い枝が何本か折れてしまいました。どうしたらよいですか?」
そんな質問を時々いただきます。
折れた枝を切る際には、できるだけ根元で切るのが鉄則ですが、もしまだ生きている葉や枝がついているなら、その子たちは残してあげたいので、その葉や枝の上のところ5mmくらいのところで切ってあげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

ミモザ:銀葉アカシア

0101_mim_zen_090702 常緑高木で人気のある樹木、ミモザ:銀葉アカシアをご紹介します。こちらが
先日納品したものの写真です。

成木での移植が困難なので、このくらいのポット苗をお届けすることが多いです。日当たりがよく、枝を伸ばせる空間で、あまり風の強くない場所を選んで植えてあげてくださいね。3年間くらいは枝数を増やすため、伸びたら切り戻し、分岐させてあげて、樹形を整えていきます。そうしていくとやがてボリュームが出てきて、花が満開に咲くと見事に輝いたように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

ニイタカビャクシン:ブルーカーペット

0103_bct_3_090628_02_small昨日に引き続き、小さめのコニファーのご紹介です。
こちら、先日納品した3株セット、匍匐系のコニファー、ニイタカビャクシン:ブルーカーペットです。名前の通り、カーペットのように匍匐していきますので、グランドカバーにぴったりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

ニイタカビャクシン:ブルースター

0160050000032低木や下草を皆さんお探しですね。こちらもよく売れているコニファー、ニイタカビャクシン:ブルースターです。高さは50cm程度、直径80cmほどの半球形になるので、狭いお庭向きです。狭いお庭に向くコニファーって重宝しますよね。3本セットでご購入されて、仕立てるのを楽しみにしていただいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

シマトネリコ

0101_shi_zen_090629_02_smallやはり、常緑樹のシンボルツリーのキングは、シマトネリコでしょう。当社も自信を持って、綺麗な樹形のものが出せる1品です。こちら、先日納品のものです。

サラサラとした木が涼しげで、大きくなりますが、お隣との目隠しということでしたら、特にぴったりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

カシワバアジサイ

0202_kas_ha_090618_small この夏、やはりアジサイがよく売れました。カシワバアジサイももうお花が終わったところですが、先週お届けしたものは、来年の花に向けて育てていただけるのでしょう。

ただ、カシワバアジサイは、落葉低木ですが、お花以外にもう一つ楽しみがあります。普通アジサイは紅葉しませんが、カシワバアジサイは、紅葉するんです。こちらの写真のように、夏の間少し葉焼けをしたような葉の色を見せますが、これが段々秋が近づくにつれ、紅葉していくのです。中々おつですね。紅葉したら、また写真を載せられたらと思います。お買い上げいただいたお客様にも、秋にも楽しんでいただけるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

シルバープリペット

0102shi3090402_small相変わらず人気のシルバープリペット、よく出ています。常緑樹の低木で、生垣や添えにと使い勝手のよい木です。先日も出荷したものの写真がこちらです。

最初はひょろっとしていますが、1年半以降からボリュームが出てまいります。葉張りも出ますので、少し間隔をあけて、複数本植えてあげてください。また、1本でも、仕立てをして可愛く育てていただくこともできますよ。サラサラとした葉で、涼しげな夏をお過ごしくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

水は遣りすぎにも注意!

当社でお買い上げいただいたものではないのですが、ギンバイカが3年目から急に花を咲かせなくなった・・・とのお問い合わせをいただきました。私も大好きなギンバイカ、なんとか息を吹き返してくれるといいなと思い、お答えしました。

まず、植える場所は、寒すぎないところ、風の当たらないところ、水はけがよいところの方が向いています。今植えてある場所を確認し、一度植え替えをしてみることをお勧めしました。木は、時に土が合わないということがあり、顔色が悪いので植え替えをしたら、理由は分からないが急に元気になったという話も聞きます。植え替え時期は、新芽の時期はよくないですが、常緑樹ですし、今は安定期なので、今のうちにしておくとよいので。

また、どんな木でも水はけはよい方がよいことが多いですが、特にギンバイカは水の遣りすぎがあだになり枯れてしまうことがあります。可愛い子供を可愛がりすぎて手をかけてしまうのと同じ現象でしょうか。もちろん一度にあげる水の量はしっかりたっぷりなのですが、乾ききらないうちに次の水を遣るのはあまりよくありません。もう植えてから数年経っている木でしたら、土の状態を見て、表土が乾いてきたら、また次の水を遣るというようなサイクルを心がけてみてくださいね。

今回のギンバイカも、本当に元気になってくれることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

アメリカテマリシモツケ:ルテウス

0202_rut_zen3_090618_04_small昨日、アメリカテマリシモツケ:ディアボロ、赤葉のカラーリーフを紹介しました。本日は、そのライムグリーン版をご紹介します。
それは、アメリカテマリシモツケ:ルテウスで、ディアボロ同様、落葉の低木、同じく人気があります。こちらが先日納品した3株セットのお写真です。

その明るい緑は春の新芽の頃は黄金のよう、段々明るい黄緑から、濃いグリーンへと秋に向かうに従って変化していきます。冬には落葉しますが、また、翌年、明るい新芽を戻します。花もディアボロ同様、コデマリに似た綺麗な花を咲かせ、とても美しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

アメリカテマリシモツケ:ディアボロ

0202_dia_zen_090701_2皆さん、低木や下草をお探しのようですね。やはり、夏前にお庭の手入れをしていらっしゃるのでしょう。

以前お買い上げいただいたお客様から、よく手入れされたお庭のお写真をお送りいただくこともしばしば、とても嬉しい報告なのですが、昨日いただいたお写真にも、綺麗なカラーリーフが写っていました。

さて、本日、ご紹介するのは、今年よく売れているアメリカテマリシモツケ:ディアボロです。こちらが先週出荷したものの写真です。銅葉というか、紫というか、独特の赤葉の落葉低木です。新芽の頃は、少し白っぽい感じの色ですが、夏になると、このような濃い色に変わってきます。育てやすく、手間もあまりかかりません。葉も素敵ですが、花がまた見事で、コデマリに似たかわいらしいお花をたくさんつけますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

ヤマボウシ

0201_yam_zen_090629_03_smallやっぱり、ヤマボウシシンボルツリーの王道。落葉樹の高木で、とても人気があります。葉といい、株立姿といい、綺麗ですよね。お花の季節が終わっても、その立ち姿で魅せてくれます。

綺麗な花の時期は終わってしまいましたが、次は、実や紅葉の季節が待っています。四季折々、私たちの目を楽しませてくれるヤマボウシ、お庭に1本いかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

雨の中のナツツバキ

0201natzen090402_small

もうひとつ7月の木をご紹介しましょう。7月といえばやはりナツツバキ落葉高木の樹木です。こちら納品したものの写真です。シャラとも呼ばれていて、シンボルツリーとして大変人気があります。昨日ご紹介したヒメシャラは、このナツツバキの姫版(小さい)です。

ナツツバキは、6~7月のこの時期に、径5-6cmの白い花を、ヒメシャラは径2cmくらいの白い花をつけます。ナツツバキの一つのお花は咲いたら一日で落ちてしまうので、見つけたら必撮、育ててくれた人にその姿を見せて散っていきます。その潔さがまた美しさを際立たせる感じです。

先日、雨の中、ナツツバキが咲いているのを見つけ、その濡れた姿も美しいと写真に収めましたので、ご覧ください。梅雨時に見せる美しい光景です。0201_nat_han_090624_small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ヒメシャラ

0201_him_zen_0907_small7月と言えば、やはりヒメシャラでしょうか。落葉の高木で、シンボルツリーとしてとても人気で今年もよく出ています。こちら昨日お届けした一品です。姫の名にふさわしいいでたちですね。

ヒメシャラは、人気のシャラ(ナツツバキ)の姫版(小さめタイプ)で、家庭のお庭によく合います。若干日陰を好みますので、お家の東側など、西日(午後の強い日差し)の当たらない場所に植えられるとよいですよ。白くて可愛いお花が6~7月に咲きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ブルーパシフィック

0103_bpf_3_090628_04_small最近、皆さん、下草もお探しのようで、こういった匍匐形のコニファーも良く出ています。こちら先日納品したブルーパシフィック3株セットです。

匍匐形なので、樹高はあまり大きくならず、横に広がって伸びます。グランドカバーに向いています。同じものをいくつか敷き詰めてもよいですし、違う種類の匍匐形コニファーと混ぜて並べてもおしゃれですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

水の遣り方

当社は、庭木をお客様の所にお届けしている関係で、植込みをしたばかりの時にお客様とお話をすることが多いのですが、口をすっぱくして、「最初は水遣りをしっかりお願いします」とお伝えします。根がしっかり張るまでの植え付け直後は、水遣りを毎日するのが基本です。
ただ、水遣りをあまりに意識するあまり、間隔をあけず、土がまだしめっている所にまた水とあげてしまうと、水の遣りすぎになってしまう可能性もあります。
水遣りの基本は、
①水をあげるときは、朝か晩の涼しい時間に。
②水をあげるときの一回の分量はたっぷり、しっかり根鉢にしみ込ませるように。
③水をあげる間隔は、土の表土が乾いてきてから。湿っていたらあげずに、次に乾くまで待つくらいの気持ちで。

③が一番難しいと感じる方がいるかもしれませんが、根がずっと湿った状態になることは、やはり植物にとってよいことではありません。木の顔色を見て、表土の状態を見ながら、臨機応変に、水遣りの間隔を調節してあげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

ライラック

0201_rai_han先日は、ライラックを2本お買い上げいただきました。ライラックは、落葉高木です。2本でしたので、薄紫色と白色の2色をご用意いたしました。

北海道の郷土の花として知られとても有名ですが、元々はヨーロッパ生まれの樹木です。英語名でライラック、フランス語名ではリラと呼ばれています。暖地では不要枝以外ほとんど剪定しなくてよい、メンテナンスが少なくてよい樹木の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

アメリカアジサイ:アナベル3株セット

0202_ana_3_090624_smallもう少し梅雨明けまでかかりそうですね。まだまだアジサイの季節。水が大好きなアジサイは、梅雨に濡れて、とても嬉しそうです。

さて、先週、お届けしたアナベルの3株セットの写真です。アジサイは落葉低木です。初心者向けと言われているせいか、今年もよく売れています。育てやすく、土壌に関係なくこのようにいつも白いお花を咲かせます。青や紫、ピンクのアジサイもよいですが、白いアジサイいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ブルーベリー

相変わらず人気のブルーベリー。実が楽しめる他、紅葉も楽しめるので、これからの季節、欲しいところですね。ピンクシャンデリアホームベルもどちらも人気があります。ホームベルで実をならせたいという方は、またご相談いただければ、別品種のご紹介もさせていただきます。
0202_pin_mi_090626_03 常緑のシンボルツリーを植えた後、もう1本、落葉の小高木が欲しいなと思ったら、ブルーベリーを考えてみてくださいね。もう実がいろずんできたものもありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

イロハモミジ種

0202_iro_tan_090612_smallイロハモミジの種が出来始めました。カエデの仲間の種って、こんな風にニョキッと突き出して、そのうち竹とんぼのような形になります。あえて風に飛ばされやすい形状で、フワフワと飛んでいって、子孫を残して行くんですよね。とてもメルヘンチックな気分になります。

そのカエデ科の中でも、イロハモミジの種だけが、上を向いているって面白いお話を聞きました。他の木はみんな下を向いているんだそうです。正に竹とんぼ・・・ですね。また、私はこの時期の綺麗な緑のモミジも大好きです。太陽に透けて見える葉姿は、紅葉と同じくらい素敵だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

ヒメシャラ

今週はお客様のお庭に植え込みに行き、とても素敵な出会いをしました。いつも思うのですが、当社のお客様は緑を愛する方だからか、皆さんとても優しいんですよね。いつもとてもよい対応をしていただけます。今回もとても気持ちよくお仕事させていただきました。また、お子さんが二人いらっしゃって、なんと、二人とも私の子供と同じ年頃。お子さんと一緒にお庭で楽しんでもらうことを考えて、プランを考えました。楽しかったです。

0201_him_zen_090629 さて、エントランス入り口メインに植えたシンボルツリー「ヒメシャラ」の写真です。新しい素敵なお家にとてもマッチした気がしてとても嬉しくなり、たくさん写真を撮ってしまいました。また、その後、旦那様も喜んでくださったとのメール、この仕事をしていて、本当によかったと思える瞬間です。東海三県下でしたら、植え込みにも行きますので、近辺の方は是非ご相談くださいね。

最後に、先日、ヒメシャラの花を撮りましたので、掲載します。小さな可愛いお花を付けています。お届けしたお客様のところでも、綺麗に咲いてますでしょうか?
ヒメシャラは、落葉樹の高木です。夏に正に姫の容貌で、凛として咲くヒメシャラは本当に素敵0201_him_han_090618_02_smallです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

トクサ

0104_tok_zen_090625みなさん、下草お探しのようですね。きっと、お庭の手入れをされているのだろうなと思います。
さて、本日は、最近よく出ている下草、トクサをご紹介します。
園芸店に並ぶトクサはポットで数本立っているものが多いと思いますが、こちらのトクサは100本くらい入っていてボリュームがありますので、お得ですよ。水のあるお庭や和風モダンなお家の玄関先などに植えていただいて、この暑い夏を涼しげに演出されてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

都会なので土がないんです・・・

先日、常緑の高木をお買い上げいただいたお客様から、「都会なので土がないんです。鉢植えをする予定ですが、腐葉土とバーミュキュライトと赤玉を混ぜて植えてよいでしょうか?」というお問い合わせをいただきました。
最近は、マンション住まいでなくても、周りをコンクリートで大半固めてしまって土が掘り出せないという場合もあるかもしれませんね。
土はこうでなければならないという法則はなく、この3つを混ぜて植えても大丈夫かもしれませんが、少し化学的土ばかりのような気もします。通常は、お庭の土を3分の1から半分くらい使ってもらって、そこに腐葉土などを混ぜて、埋め戻しの土に使用してもらっています。今まで普通の土の畑で育ってきた樹木も、環境があまり変わるとちょっとびっくりするかもしれません。お庭の土が取れない時は、プランターの土などを普通の土の代わりにして植えることになるかと思いますが、今は色々な種類の土が販売されていますので、必ず、園芸店で相談して、購入してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

アメリカテマリシモツケ:ディアボロ

0202_dia_zen3_090618_small 低木や下草をお探しの方も多いようですね。最近は、高木をお買い上げいただいた時に、一緒に下草をお求めになられる方が多いです。そこで本日は、カラーリーフとして使っていただける、「アメリカテマリシモツケ:ディアボロ」の3株セットをご紹介します。先日、出荷したものの写真はこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »