トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

どちらの花色がいいでしょうか?

090326yaezakisuisen

もう3月末、早いですね。本日は八重咲水仙の写真を冒頭に載せてみました。

さて、先日、お客様より、「マンションのベランダガーデニングで、ライラックの購入を検討しています。以前植えていた薄紫が枯れてしまったのでその代わりなのですが、何色がお勧めでしょうか?」というご質問をいただきました。ライラックといえば、紫色がやはり定番で人気があります。ただこちらのお客様随分ライラックに思い入れがあり、しばらく迷われていました。「この先ずっと仲良くしていくのであれば、飽きのこない白花もお勧めです。緑と白の組み合わせは、人間の目にとても優しく、精神的にも落ち着くそうです。」と申しましたところ、共感いただき、白花ライラックを2本お買い上げいただきました。

ライラックは45月が花期ですが、今年は324日で、芽の間から紫や白の花が顔を出してきました。写真見えますでしょうか?お届け先でも花が顔を出しているかなぁといつも考えています。

090324rairak_me2small 090324rairak_pink_mesmall

http://gardenshop.jp/shopdetail/016009000001/019/000/brandname/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

ユキヤナギ

こう毎日、新しい蕾や花、葉芽が出てくると、何を紹介するか迷ってしまいます・・・が、今日は、とにかく満開のユキヤナギをご紹介します。

別名コゴメバナといい、4月頃シダレ柳のような垂れ下がった枝に白く小さな花を無数に付ける美しいユキヤナギ。正に雪が積もったかのような真っ白の花は、その花つきのよさが抜群です。

315日には、蕾がほころんできたという感じでしたが、090315yukiyanagi2_2

10日後の325日には、農園でも満開。090324yukiyanagi3small 圧巻です。

最近、色々なお宅で、上手に取り入れていらっしゃるのを見受けます。生垣にするもよし、シンボルツリーの足元に添えるもよし、お庭の一角に白のガーデンを作り、そのバックに植えるもよし。使い方は色々です。また、1本だけでも十分ボリュームがあり、清楚な感じをお庭に加えることができますよ。

http://gardenshop.jp/shopdetail/016008000003/brandname/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

木や花に話しかけましょう

先週16日(月)、朝はチューリップが緑の蕾だったのが、夕方見たら赤く変わっていて感動しました。090317tulip_2

ちょうど一週間後の週末明けの23日(月)、その開いたチューリップが4本に。日々、春の訪れを感じられる今の季節は、心がうきうきしますね。

さて、本日は、木や花をわが子のように可愛がる奥様のお話。農園の木のお世話をする奥様は、毎日、木や花に話しかけています。子供を育てるのと同じように。声をかけ、目をかけ。でも、手を出しすぎるのは絶対にだめ。肥料や水のやりすぎは甘やかし。

移植するごとに、木は葉の色を落としたり、葉を落としたり、一時的に弱ります。新しい環境に慣れるのに、少し時間がかかるのです。でも、その木の中にある生命力を信じて、じっと見守ります。頭で分かっていても実際やるのは難しいのですが・・・、実際に毎日話しかけて、お世話をしている奥様は本当に素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

モクレン

先週の木曜日辺りからハクモクレンの花が咲いているのをここ名古屋辺りの街路樹でよく見かけました。090313mokuren 暖かくなって、一気に咲いた感じですね。

でも、モクレンといえばシ(紫)モクレン、今綺麗に咲いています。今日は敢えて、こちらをご紹介します。090319shimokuren 紫と言っても、白いクリームの上にピンク色のクリームを流しこんで混ぜ合わせたようななんともいえない色合いに気品を感じます。3~4月、葉に先立って花が咲き、葉が展開してくるまで咲き続けます。ハクモクレンより若干小さめなので、お庭に植えるのもお勧めです。葉芽が出る5月上旬までに移植してしまうのがよいでしょう。

http://gardenshop.jp/shopdetail/016007000006/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

どの季節に植えたらいいですか?

昨日も小春日和。お散歩で小さな春を見つけました。090315tsukushi Ts3d0056

つくしはたくさん取れたので、早速、 卵とじでいただきました。

さて、本日は、色々迷われてご購入する木を決められた後、「この木はどの季節に植えたらいいですか?」とのご質問がありましたので、お答えします。

一般的に、落葉樹では落葉している休眠期(葉芽が出る前)、寒い時期の作業を嫌う常緑樹は暖かい季節と言われています。ただ、当社の樹木は、移植に耐えられるよう、移植を重ねてますので、よほどの暑い時期を避けていただければ、おおよそ大丈夫です。

今はどちらにも本当に一番いい季節ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ボケ(木瓜)

群馬県の冠稲荷神社で、樹齢400年見事な満開の花を見て以来、ボケが好きになりました。昔々子供ができずに悩んでいた女性が修験者に授かったボケの実を服した途端、良縁と子宝に恵まれたそうです。

我が家の庭にも、今年は一段と早く、ボケの花が咲きました。090314boke_tsubomi 090314boke 樹齢400年とは言いませんが、35年くらいです。

早春を感じられる木。子供が生まれた記念に木を植えるという方もいます。素敵ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

根の張る竹を植えるには・・・?

愛媛県ではもう早掘りの筍が掘られているそうです。

さて、本日は、お客様のお問い合わせからの竹の情報をひとつ。

「竹を植えたいのですが、根が張るのは困るんです・・・」G000302kurochiku

竹はどうしても根が張ります。何気に1株だけ植えたところ、2-3年後にはお隣のお庭まで根が入ってしまったという話もあるほど、根が元気なんです。

そういう時には、養生という方法があります。・・・でも普通の防根シートではだめです。根が突き抜けてしまう程強いので、竹専用の防根シートか、若しくはブロックでの養生がお勧めです。

ブロックを地上から地下60cmの深さまでブロックを敷き詰めて、花壇のような四角形を作ります。根は60cm以上垂直にはもぐりませんし、ブロックは突き抜けないので、その中で安心して竹を植えていただけます。

クロチクやダイミョウチクで、和風庭園を素敵に演出できるといいですね。

http://gardenshop.jp/shopdetail/016002000007/brandname/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

ヒュウガミズキ

本日からブログを書くことになりました、樹木屋店長の後藤です。樹木の紹介、お客様からのお問い合わせ内容などで皆さんに役に立つ情報をお届けできればと思います。よろしくお願いします。

まず、本日は、ヒュウガミズキについて。

人間の目に一番鮮やかに映るという黄色い色で、春の訪れをいち早く知らせてくれるという、ヒュウガミズキ。

3月4日には蕾でしたが、Tsubomi090304_2

ちょうど一週間後の3月11日には咲き出しました。本当に綺麗です。Hana090411 

早春ですね! 当サイトにも、ヒュウガミズキありますよ。

http://gardenshop.jp/shopdetail/016006000023/brandname/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年4月 »